現在地はトップ>編集長ブログです。

編集長ブログ

きもの情報誌『月刊アレコレ』編集長のきものと締め切りの日々。

<< 2ページ/全6ページ >>

ウレシイいただき物。

昨日のみやざ着物は格子の紬。もう25年位着ています。
洋服で25年着続けられるのって、ある? ないないない。
この画像の上に上戸彩チャンが乗っかってても、樋口可南子サン
が乗っかってても、違和感ないよね〜〜。
あるあると異論を唱えるヒトは多分本質と違うことを指してるから却下。
別にアタシの二十代が上戸彩で、いまが樋口サンとかゆってるわけじゃないですが、
まあ、そう捉えるヒトも、そうトコトン間違ってはいないと……思います、アタシ的に(爆)。(←石投げ禁止)
まだ社会人になって間もない頃なのによく買ったもんです。
ん? ん!? にじゅーご・・・え、25年ってアタシ言いましたよね。
ひょえ〜〜〜、怖っ! うそ、そんなに経ちます??
(求む、時間を止める時計(爆))

で、帯は義母の羽織を立直したものを合わせております。
コーデの帯揚と帯締は「もう使わなくなったので」といただいたものです。
丁寧に使われていたというのが伝わってくる小物たちでした。
三分紐って、普通結構短めなのですが、この頂いた三分紐は長めでウレシイ♪
しっかり締められるので三分紐の頼りなさが半減。
着物って、やっぱエコ。でも最近の「エコ」って使い方、
企業によってはビミョーですよね。
地球やモノを大事にするという当たり前のことを、
「エコです」「エコを目指しています」の連呼にはどうも…、
ちょっと下心が感じられる昨今ではあります。
着物は純粋に「エコ」で人にやさしい。・・・というか、
「やさしい気持ち」を人に運んできてくれます。

ところで帯留は京焼の磁器。黒兎のラッパに驚く兵隊のユーモラスな図柄。
これって、なんかの物語・・・なのかなあ。



2009.02.05 Thursday 14:03comments(4)↑ページの先頭へ

omoのさいころ帯締。

omo帯締さいころさいころの帯締です。
今月、もりたもとこさん取材の京都出張の際、お持ち帰りしたomoの品です。
注連飾りや門松、さいころなどのお正月柄の帯を持っているのですが、
さいころの柄のタイミング(出し方)をあわせて締めると、楽しいな〜。
でも、お正月はすでに解散(笑)。もちろん、普段着にも締め締めしますとも!(笑)
画像の下にある手拭いは、オマケでいただいた、omoオリジナル手拭いです。
同じ柄で色違いも持ってるんだけど、それもオマケ(笑)。
来週(多分)、再度、撮影にもとこさんを訪ねます。
んで、今度はナニをお持ち帰りする?みやざ(恐)。

2009.01.22 Thursday 18:17comments(5)↑ページの先頭へ

驚愕の鼻緒マジック!

合同鼻緒2さて、皆さま。
以前古い草履の鼻緒を仕立てて、あっと驚く変身と1人興奮していたのですが(笑)、
まだ発行前だったので画像をアップできなかったのですが、
下記ブログのコメントでもひまわりさんから入っていた
48号のアレコレ、御誂えお直し入門の草履。。。
驚愕ものの変身を見させて頂きましたヽ(^o^)丿
第二回〜三回とこの先
合同鼻緒どんな風に続くのか楽しみです♪

…という鼻緒が、これ!
まさにBefore After の変身振りでしょ!?
これ、これ、これをご紹介したかったんですのよ。エッヘン(すぐイバるし(笑))
皆さんも「たのもう!お誂えお直し入門」に掲載のデータを参考に、
どんどこ誂えてくださいネーー。
次号は・・・・・・フフフ、箪笥の肥しとなっていた反物を染め替えて誂えた羽織ですわよー。こちらも乞うご期待!

2009.01.07 Wednesday 17:28comments(6)↑ページの先頭へ

ババシャツと呼ばないで。

本日、寒い!えっらい寒い!

で、すでに長じゅばんの下は乙女シャツ。
え? ナニ? ソレ? ・・・って、いわゆる、ハイ、ババシャツですが――。
でもさー、思うんだけどババシャツって、止めない?
(それがジジシャツだとしても)ババア云々より、呼び名としてちょっとばかし可愛くないぢゃん(笑)。
ババシャツもそれはそれで、オンナの開き直りを鎧とした感じが出ていて、ま、悪くないとは思うけど・・・。

でももはや開き直りの時代は過ぎ去ったのだ。
つまり乙女の定番になったのだから、やっぱ、そこは乙女シャツに名称変更届け、すべきだそ?
決してババアの……こだわりじゃ…ないからね(爆)。

2008.11.27 Thursday 19:12comments(2)↑ページの先頭へ

鼻緒を誂えました。

鼻緒次号から新連載が始まります。
タイトルは
「たのもう!お誂え・お直し入門」。
着物の誂えはもちろん、染め替え、染み抜き、仕立て直し等々をおそるおそる、
しかしあつかましく(笑)希望を出して呉服屋さんや悉皆屋さん、
諸々のお店にお願いしてみようという企画です。
1回目は、「鼻緒」のオーダー。
もお、ほんっとに、可愛い! おしえたくないくらい(笑)、可愛いステキな鼻緒がお手頃に出来上がります。
みやざが20年以上前に「赤坂・叶や」で誂えた草履があります。
小豆色のエナメル草履。履き易いんだけどいかんせん、鼻緒がとものエナメルで、細い。
いまどきじゃないカタチになってしまいました。
で、鼻緒を替えたら、アナタ、すんごいステキな普段草履になりました。
その鼻緒がコレ。コレは出来立てホヤホヤ。
コレをその草履にすげてもらいました。
Before/After の違いがすごい! この鼻緒がどんな草履に変身したか、
次号に掲載します。
自慢しいのみやざとしては今すぐにでも画像をアップして自慢したいんだけど!(爆)
ここは我慢・我慢(笑)。ぜひぜひ見てね!絶対のオススメ誂えです!

2008.11.25 Tuesday 12:46comments(10)↑ページの先頭へ

浅草は合同履物さんへ。

合同履物先週末になりますが、
浅草の合同履物さんへ行きました。
大きな大きな履物屋さん…というか、下駄・草履屋さんです。
見よ、この大量の鼻緒! こちらで選ぶとその場ですげてくれます。
もちろん持ち込み草履・下駄OK。そして好みの端切れを持ち込むと鼻緒にしてくれるんです。
合同履物2こういうところは他でもあると思いますが、こちらでは持ち込みの端切れを草履にビニールコーティングしてくれます。
でもねー、これがもう扱い終了するというので、あわてて行ったというわけです。
鼻緒はある程度の太さがあればチロリアンテープのような刺繍の可愛いものでもできます。
みやざ、また行かなきゃ〜。

2008.10.24 Friday 15:06comments(2)↑ページの先頭へ

失せ物発見。着物用の和・洋傘(笑)。

kasa1ずーーーっと、ずーーーっと、探してたけど出てこず、こりゃあ、どっかに忘れてきたか、失くしたのだと思っていたその傘が、
なんと! 引っ越したら出てきたのよぉおーー(涙)。
朱塗りの和傘も持っておりまして、それをずっと使っていたのですが、
端っこがちょろっと破けて、どうしたものかと思っておりましたので、
涙の再会とあいなりました。
kasa2これは洋傘なのですが、
ご覧のとおり骨が24本。最近は10本とか12本の骨の傘もよくみかけますが、
これは着物用として制作された夢二浪漫テイスト。
桜の刺繍が入って、取っ手も当然ながら?マーク(笑)ではありません。
日本地図と一緒に45リットルのゴミ袋に巻きくるまれておりました(笑)。
そういえば、傘の向こうにチラッと見える梅酒のビン、
実はこれも引っ越したときに出てきた、なんと平成元年、3年、10年に作ったもの。
なんでこんなの忘れてるかなって、あきれるアナタ、マンションのコンテナに「とりあえず」入れておく・・・と、20年後に再会できるサプライズが訪れるのであります(爆)。
ある時期毎年作っていたので、もう飲みつくしたかと思っておりましたのよ(笑)。
んで、毎晩、梅酒かい?

2008.08.11 Monday 12:39comments(6)↑ページの先頭へ

魔法の着物採寸メジャー・・・・とは?

魔法の着物採寸メジャー

そそられるフレーズじゃないの(笑)。
たまたまなのですが次号Vol.43のきくちいまさんの「きものの引きだし」は「クジラとカネ」。
知らないヒトには「なんじゃ、そりゃあ?」、
でも知ってるヒトには「ホーホー、クジラとカネ、ね」
それは寸法に関係する単位の、大事な話なのです。

そう、きものびとにとってはスルーできない問題であり、話題。
以前月刊アレコレVol.28・29でも取り上げています。
これらの号では便利なクジラの換算票も掲載されています。

んで、見つけたみやざの師匠ブログでの、魔法メジャー。
「魔法」、弱いっ!この言葉に、みやざ(笑)。
タイミングから言って、きものびとを自負するみやざの見得から言って(笑)、迷わずポチッ、お買い上げ〜、ですワ。

これをバッグに忍ばせて歩こう。
いつでもどこでもメジャー……って、これってつまり、散財のススメ?(爆)

2008.07.02 Wednesday 23:47comments(22)↑ページの先頭へ

雨の日の足袋カバー。

足袋カバー梅雨です。当然のことながら、着物だからって梅雨は特別扱いしてくれないワケです。
着物美人が歩いていても(誰って突っ込まない)、雨は降る振る。
梅雨時のみやざにとっての三種の神器は、
折り畳み傘、雨コート、そして! 換えの足袋でございます。

そもそも爪皮の草履や下駄はあまり履きません。持っているものがいまいち気に入らないということもありますが、電車移動で階段が多かったり、場所柄、下駄が不向きだったりということもあるので、基本、下駄型草履、草履型下駄、草履のどれかです。

重宝しているのが、テレンとした化繊の足袋カバー。よほどきちんとしたお座敷に上がるとかじゃなければ、これで十分。
雨のときに足袋カバーを履いて、会社で脱ぐとか、出先で汚れたので上から履くとか。
茶道をなさってる方は水屋で使うと思います。
みやざもそうなのですが、この足袋カバー、コハゼタイプと、ご覧のスッポリタビックスタイプがあります。
出先ではこちらが何かと便利。
雨じゃなくても持っているとヨゴざんすよ。

2008.06.24 Tuesday 16:11comments(4)↑ページの先頭へ

池田重子さんのお店へ。

池田の帯締ハギレ500円さて、同日。(下にある画像のブログとです)
下記画像の出で立ちで、ホリプロで美波の取材と撮影。
終わって午後4時過ぎ。場所は目黒。
そうだと思い立って、しばらくご無沙汰の「時代布と時代衣装 池田」へ顔をだしてみました。「池田」は目黒駅から徒歩5分くらいの白金台。
20代の頃は仕事でよく池田さんのこの店に通いました。
こちらで画像の500円均一の帯締と端切れを購入。

今年から月刊アレコレは「池田重子 日本のおしゃれ」から、
池田さんのコーディネイトを掲載させていただいています。
店内には月刊アレコレが置かれていました。ありがたいことです。

そうしたら、最近あまりお店には出ないと聞いていた池田さんが偶然にもいらっしゃったんです。
久しぶりにお話をしました。
「ねえねえ、あなたのその羽織、後ろも見せて」
「長着の色ともよく合って素敵じゃない。先取りの桜ね」
――冷や汗です〜 (^^;
池田さんにマジマジと見られると。でも社交辞令でもうれしかっただす。
派手色着物、意外に良かった?かな。(笑)

2008.02.20 Wednesday 00:16comments(2)↑ページの先頭へ

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

CATEGORIES

RECENT COMMENT

PROFILE

OTHERS