現在地はトップ>編集長ブログです。

編集長ブログ

きもの情報誌『月刊アレコレ』編集長のきものと締め切りの日々。

<< ぺたこさんの「雛祭りと蛤」の半衿。 | main | 棒が一本抜けてる息子の鎌倉みやげ。 >>

ウレシイいただき物。

昨日のみやざ着物は格子の紬。もう25年位着ています。
洋服で25年着続けられるのって、ある? ないないない。
この画像の上に上戸彩チャンが乗っかってても、樋口可南子サン
が乗っかってても、違和感ないよね〜〜。
あるあると異論を唱えるヒトは多分本質と違うことを指してるから却下。
別にアタシの二十代が上戸彩で、いまが樋口サンとかゆってるわけじゃないですが、
まあ、そう捉えるヒトも、そうトコトン間違ってはいないと……思います、アタシ的に(爆)。(←石投げ禁止)
まだ社会人になって間もない頃なのによく買ったもんです。
ん? ん!? にじゅーご・・・え、25年ってアタシ言いましたよね。
ひょえ〜〜〜、怖っ! うそ、そんなに経ちます??
(求む、時間を止める時計(爆))

で、帯は義母の羽織を立直したものを合わせております。
コーデの帯揚と帯締は「もう使わなくなったので」といただいたものです。
丁寧に使われていたというのが伝わってくる小物たちでした。
三分紐って、普通結構短めなのですが、この頂いた三分紐は長めでウレシイ♪
しっかり締められるので三分紐の頼りなさが半減。
着物って、やっぱエコ。でも最近の「エコ」って使い方、
企業によってはビミョーですよね。
地球やモノを大事にするという当たり前のことを、
「エコです」「エコを目指しています」の連呼にはどうも…、
ちょっと下心が感じられる昨今ではあります。
着物は純粋に「エコ」で人にやさしい。・・・というか、
「やさしい気持ち」を人に運んできてくれます。

ところで帯留は京焼の磁器。黒兎のラッパに驚く兵隊のユーモラスな図柄。
これって、なんかの物語・・・なのかなあ。



2009.02.05 Thursday 14:03comments(4)↑ページの先頭へ

コメント

25年も体型が変わっていないんですね(爆)羨ましい。全然違和感を感じません。お顔が写っていなければ・・・20年も時計のネジを逆巻きにしたような感じです(爆) 
気に障りましたらお許しの程を。

|妖怪|2009/02/05 7:19 PM|

妖怪さん

いえいえ、気になど障るものですか。
さすがに、いまの顔が十代だとは思っていませんから・・・
って、そこがあつかましい?(爆)

みやざえもん|2009/02/06 11:10 AM|

ご無沙汰してま〜す!
長く愛用できる着物が結局「イイモノ」なんですよねっ
25年前は帯はどんなの合わせてましたか?
コーデの違いもみた〜〜ぃ

先日踏み切りで電車待ちしていたら
おばぁさんが寄ってきて
「色がよかぁ〜
 この羽織はアナタの若い頃の?
 で、長着はお母さんの形見?」
そう私に聞きながら ご自分で勝手に物語を作ってらっちゃいました(爆)
あのぉー 
すべて骨董市のモノだし、母はまだ生きてるんですけど・・・
っと思いましたが、まぁいいです
ニコニコしてるおばぁちゃんが楽しんでくれれば それもイイかな?

遅ればせながら 今年もよろしくお願いします

|ちゃび|2009/02/09 11:38 AM|

ちゃびさん

こんにちは〜〜っ♪
こちらこそ今年も超よろしくお願いします〜。
25年前は幾何学っぽい模様が多色使いの
織りで入っていた名古屋帯や
マトリューシカみたいな(笑)人形柄の
半幅帯を合わせていました。
マトリューシカ帯はいまはないですねー。
そういえばどこへいったんだろ?
多分若いお友達にあげたような気がします。

ほんとうに帯と小物次第で着続けられる着物。
それにビミョーな「不思議柄」でも、
コーデ次第で、ナンカ可愛くも、ステキにも
なっちゃったりするのが、また快感ですね(笑)。

みやざえもん|2009/02/09 12:33 PM|

コメントする








     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

CATEGORIES

RECENT COMMENT

PROFILE

OTHERS