現在地はトップ>編集長ブログです。

編集長ブログ

きもの情報誌『月刊アレコレ』編集長のきものと締め切りの日々。

<< 大竹恵理子プロのための着付けブラッシュアップ講座、中止のお知らせ | main | 晒し補整ってどうなの?ーー結論「晒し、サイコー!」前半(1) >>

笹島寿美さんの、あの骨格着付け、新たな解説で連載開始しました!

月刊アレコレは4人の執筆者に、毎月、

原稿を書き下ろしていただいています。

 

創刊号からのきくちいまさんの、

可愛くてほっこりした、イラストエッセイ。

 

色彩総合プロデューサーでKICCA代表理事の能口祥子さんの

「きもの色彩講座」はコーディネートに特化した連載です。

176色彩.jpg

 

「大人の三時九時」はスイーツと酒肴を

隔月で取り上げた小さなコラム。

この三時スイーツを担当して、コラムと和歌を

書いてくださっているのが、菅原秀太さん。

(菅原秀太さんはNHK「いいね!光源氏くん」の

番組内の歌のつくり手の1人です)

 

そして、もうお一人が、あの笹島寿美先生です。

そうです。着付け師さんや、着付けに興味のある方なら、

知らない方はいないと思います。

「骨格着付け」の理論と技術を構築した笹島先生です。

きものに関する著書も、現在、一番多いと思います。

 

笹島先生が、誰も知る「着付けと骨格の関係」という、

先生の着付け人生の集大成とも言える(御本人曰く)

本を出版したのが2013年。

 

大変参考になる本で、先生のワークスの集約です。

実際的な教授は直伝となっており、

これまでに先生の教室で学んで、課程を修了し、人柄もふくめて

先生の理論と技術をきちんと伝えられるお弟子さんたちの中から

笹島式着付け技術伝道者」を行っていました。

 

ですので、「着付けと骨格の関係」の本以上の情報を

他で公に出すことはありませんでした。

 

それを!

今回、本を出版して7年。お弟子さんたちもすでに

一本立ちしてきたので、いまだからできる骨格着付けの

理論と技術について教えていただける!ことになったのです。

タイトルは、

 

「笹島寿美の骨格着付け――令和の他装覚書」

画像は1回目の先生のご挨拶と、導入。

小見出しにあるように、

「骨格着付けをより多くの方に」知っていただき、

取り入れていただくことで、

ラクにきものが着ること、

きものと着付けで得られる体への効能を

お伝えしたいという先生の考えです。

175骨格着付け1.jpg

 

それ以前も、先生がつくられた歌とともに、

エッセイとしてきものについて

書き下ろしていただいていました。

こちらもとても参考になる内容だったのですが、

今度は、より「着付け」、それも「他装着付け」に

焦点をあてた「骨格着付け」を教えてくださっています。

 

「いま、もう少し補足したほうがいいと思われる点もあるので」、

いまの先生の解説があらためてつけられています。

 

月刊アレコレは一般のきものファンが対象の本ですが、

「他装を知って自装を知る」「自装を知って他装を知る」が

先生の教授の流儀。

 

自分で着付ける場合でも十分役立つ、

ポイントが盛りだくさんです。

 

新連載開始は、Vol.175から。

購読をご希望のかたはお申し込みの際、

「175号から希望」とお知らせください。

年間購読は、全12冊のお届けになりますが、

そのなかにご希望の号数を入れることが可能です。

 

たとえば、年間購読で、最初に4冊お届けすると、

あと8ヶ月、毎月最新号がお届けになります。

お申込みはこちらから

 

以下は、笹島先生loverの編集人の余談になりますが(笑)、

連載のなかで使われているイラストは、

先生がご自身でPCを使って描かれたものです。

先生のこれまでの本でもおなじみのイラストですが、

「本で伝えるためにはイラストが絶対必要」と、

やっと家庭用のPCが出始めた頃、すでに購入。

 

 

先生が50代に入ってからの手習いで、

ご自分でポーザーという、人体を描くアプリを使って、描き、

解説に役立てるようになったのです。

 

今回も、新連載のために新たなソフトを導入、

「まるで新しいおもちゃが届いた子供」のように、

毎日かじりついて夢中になっているとは、

マネジメントもお手伝いするお弟子さんの言葉。

 

先生の好奇心、子供のような躍動感溢れた感性、

ほんとに素敵で、チャーミングで、大好きです。

 

着付け講師として独立すると、

学んだ元巣のことには一切触れずに、

自分の「自立性」「独自性」を

アピールするところは多いのですが、

笹島先生のお弟子さんたちは、

どんだけ先生のこと、好きですか?(笑)と

いうほどに、先生とつながっています。

 

昨年の、着付け師としての50周年記念パーティは、

すべてお弟子さんたちが企画。

全国から、ほんとうに全国から集まっていました。

 

そんな先生が、小誌のようなマイナー雑誌で、

それも新たな骨格着付けの解説を連載してくださるなんて、

ほんとうに、ありがたい限りです。

 

ぜひ、ぜひ、先生の連載、お読みください!

月刊アレコレは書店では売っていません。

ご購読は送料無料の年間購読がお得です。

お申込みはこちらから。

2020.04.09 Thursday 16:38|-|↑ページの先頭へ

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

CATEGORIES

RECENT COMMENT

PROFILE

OTHERS