現在地はトップ>編集長ブログです。

編集長ブログ

きもの情報誌『月刊アレコレ』編集長のきものと締め切りの日々。

<< 大竹恵理子プロのための着付けブラッシュアップ講座のお知らせ | main | 絣柄を「垢抜けさせる!」3つの法則。 >>

月刊アレコレ最新号「絣系をモダンに着こなす3つの法則」に注目!

月刊アレコレVol.177 発行になります。

 

 

 

今号は

 

「特集 絣系をモダンに着こなす3つの法則」

 

 ちょっと苦手な絣系民芸紬

 垢抜けコーディネートで

 ヘビロテラインに仲間入り

 

人の手仕事の温かさ、丁寧さが肌に伝わる紬。

織物ゆえか、私は染物より「糸」を感じます。

 

紬、大好きです。

 

大好きなのですが、織物ゆえ、

柄は絣でだすことになります。

この手仕事の絣が、ぬくもりがありすぎて、

洗練からほど遠い土臭い民芸イメージが

出ることがあります。

 

9A5A9420のコヒ?ー.JPG

 

そうなると、ちょっと着こなしがむずかしい。

 

さんざん、好きと言っておいての、ソレはないでしょ?と

思わないでください^^;

 

好きだからこそ、着たい。

着るからには、“精魂込めて”着たいのです。

 

以前、「民芸ポップで行こう!」と

いう特集をしたことがあります。

 

今回はその第二段といえる紬の着こなし特集。

ただ、ポップと言うより、大人の垢抜け感、

洗練された着こなしを目指した特集です。

 

 

今月の月刊アレコレは、絣系紬を

垢抜けて、スキッとした着こなしに寄せる

3つの法則をご紹介しています。

 

この、簡単な法則を使えば、

垢抜けた紬の着こなしがかんたんにできます。

 

9A5A9330のコヒ?ー.JPG

 

例えばこちら↑

これはこれで、普通にカワイイ。

一般的な着こなしです。

 

でも、これを「垢抜け」したコーディネート

洗練されたいまどきスタイルにするためには……。

 

明日のブログをご覧ください

 

 

え!? 新しいきものが増えた?(大げさw)

というくらいの、

イメージチェンジができます。

 

でも、大げさでもないんですよね。

 

ぜひぜひ、お試しください!

 

 

月刊アレコレは書店では売っていません。

ご購読は送料無料の年間購読がお得です。

こちらから。

 

 

 

 

 

2020.04.02 Thursday 02:38|-|↑ページの先頭へ

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

CATEGORIES

RECENT COMMENT

PROFILE

OTHERS