現在地はトップ>編集長ブログです。

編集長ブログ

きもの情報誌『月刊アレコレ』編集長のきものと締め切りの日々。

<< 月刊アレコレVol.172 スマートカジュアルなお正月コーデ | main | 『昔のきものに教えられたこと』(石川あき著)が教えてくれたこと >>

笹島寿美考案 笹島ベルトを使った力学応用帯結び講座(門下生による)

こんにちは。

月刊アレコレ編集人みやざです。

 

今日は、笹島ベルトを使った力学応用帯結びを考案した

笹島寿美先生の帯結びを演習する、

「笹島ベルト活用講座」でした。

講師は笹島門下の先生2名です。

 

先日の笹島先生のレクチャー講演に

参加できなかった方や、

最近知って興味を持たれた方が

ご参加くださいました。
編集人も一緒に帯を解いて締めてと、

おさらいしました。

 

 

 

 

力をいれないのにピタッと締る。

…といいましょうか、

締まるというより吸い付くような密着感なのです。

 

今日ご参加くださった方も「隙間なく」帯が

体についているとおっしゃっていました。
もう、とにかく、このときの「え??」という感動を

ぜひ実感してください。(≧▽≦)

 

1本使いで究極の密着感が、

2本使いでお太鼓のかたちがきれいに整う。

 

画像は、本日の参加者さんが撮っていた、

笹島ベルト使用前、使用後のお太鼓です。

十分上手に着られる方なのですが、

それでもこんな感想をSNSであげてくださっていました。

 

 

名古屋められるけど形に

足していない方は是非ご参加ください」と

ご自分のSNSで早速アップしてくださいました。

 

そして、「いちばんびっくりしたのは

力を入れてないのに帯がピシッと締まることです」

 

はい、「締めすぎ注意警報」本日も出ました(笑)。


次回は12月11日 13:00〜15:30 

参加費 5000円+税

お申込みはこちらから

お手持ちの笹島ベルトをお持ちください。

お持ちでない方は会場でお求めいただけます。

こちらのネットからでもご購入いただけます。

 

笹島門下の先生が懇切丁寧に教えてくださいます。

 

思うに、使い方自体は難しいわけではなく、

従来の帯結びの手順とまったく違うというわけでもありません。

 

問題はそれまでの自分のやり方が

脳や手先から発令されるので、

戸惑うことだと思います。

でも帯を結んでいる間の、

手を離しちゃダメ、帯が緩む、しっかり締めないと…

という「ストレス」がほんとうになく、

本来の自分の両手の機能を機能として、

使うことができる安定感と安心感は

心地よいと言えるほどです。

力学応用帯結び、ぜひ取り入れてみてください。

 

 

 

2019.11.10 Sunday 20:31|-|↑ページの先頭へ

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

CATEGORIES

RECENT COMMENT

PROFILE

OTHERS