現在地はトップ>編集長ブログです。

編集長ブログ

きもの情報誌『月刊アレコレ』編集長のきものと締め切りの日々。

<< 特集は「出会いによく効くきもの」を服用中のOver50を紹介 | main | 浴衣に足袋はあり? なし? 2019版 >>

ロシア人尺八奏者Pavel Io(パヴェル イオ)さん、テレビ出演

8月12日、TBS「メイドインジャパン」(夜7時から放映)で、

昨年月刊アレコレきものびとで取材した、

ロシア人尺八奏者パヴェルさんが出演します。

 

 

 

昨年5月発行 月刊アレコレVol.154では、

芸大大学院邦楽科に通いながらプロの尺八奏者として

活動するパヴェルさん尺八と出会い

きものの話をご紹介しています。

 

 

お母様が音楽教師で、幼い頃から音楽環境が身近に

あったというパヴェルさんが、

尺八に出会ったのが17〜18歳の頃。

 

あるドキュメンタリー映画を観た時、

そのオープニングで流れた、

地球をイメージした音楽がとても印象的で、

「これはなんという楽器なんだろう!?」と

ものすごく心惹かれたことが、発端だそうです。

 

 

↑取材中もきちんと正座するパヴェルさん

 

それが尺八と知って、すぐにネットショップで

購入したといいます。

見たことも聞いたこともない日本の、

それも伝統楽器に心惹かれて、

ロシアの十代の若者が手にするなんて、運命的です(笑)

 

実際、パヴェルさんは、

「私が尺八を選んだというより、尺八が私を選んだと、

もしくは招かれたと思っています。」というパヴェルさん。

 

確かにそうかもしれません。

それから独学で、さらにはモスクワ音楽学院の中に、

たまたま各国の民族の古典音楽を

教える教室があり、そこで学ぶことができたそうです。

このほかにも、大学では英文学を専攻していたパヴェルさんが、

異国の古典的な民族楽器とつながる

ミラクルがたくさんあったといいます。

 

 

そして日本人の奥さんとの結婚を機に来日。

東京芸大大学院邦楽科の修士課程で研究をしながら、

プロの奏者としても演奏活動をしています。

あ、今年はもう卒業かな?

 

 

因みに奥さんも音大で教える箏の奏者です。

パヴェルさんは日本語がまったく不自由なく流暢。

演奏の依頼なども、マネージャーをつけることなく

全てご自分で対応するそうです。

「じゃないと仕事になりません(笑)」

機会があったら、聴いてみて下さい。

 

当日、FBでアップした撮影の動画です。

音色もちょっとだけ。

#PavelIo #ロシア人尺八奏者 #月刊アレコレきものびとPavelIo#PavelIoパヴェルイオ 

#尺八 #メイドインジャパンのロシア人尺八奏者

2019.08.11 Sunday 16:06comments(0)↑ページの先頭へ

コメント

コメントする








1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

CATEGORIES

RECENT COMMENT

PROFILE

OTHERS