現在地はトップ>編集長ブログです。

編集長ブログ

きもの情報誌『月刊アレコレ』編集長のきものと締め切りの日々。

<< 「センスの7割は知識で作れる」というカラー講座とは? | main | 小袖ときものの違いは? そもそも反幅の寸法の違いが大きい >>

「月刊アレコレ」の表紙、コーディネートコレクション

押し迫って参りました。

お正月に向けた、

ちょっとおめかし系きもののための帯結び、

懇切丁寧、徹底解説の保存版・二重太鼓の特集、

お陰様でとっても人気です。

 

 

 

 

さて、年末は各種イベントや忘年会が多いと思います。

それは、やはり、きもの!です。

 

ここ数年、カジュアルきものにおける

年代の縛りが本当になくなってきました。

 

色———いいじゃない、40代でピンク着たって、

50代で赤を着たって。

デザイン———いいじゃない、めちゃハデハデでも、アンティークでも。

……と、月刊アレコレは考えます。

だって、ファッションですもん、

人に迷惑をかけない程度の暴走(笑)なら、自由でいいですよね。

 

「迷惑」というのは……、各自で判断してください(笑)。

 

月刊アレコレのcoverが現在の画像に変わったのは、昨年の9月。

以来、1年ちょっと、季節に合わせたコーディネートが

coverを飾っています。

 

おしゃれをしたい12月、年末年始。

コーディネートの参考に。

月刊アレコレのcover collection

解説とともに並べてみました。

特に「赤」の帯締の使い方、参考になさってくださいね。

 

 

135_webcover.jpg

 

↑表紙にはあまり見えませんが、きものは、ホタル絞りが飛ぶ紬縮緬。

最近あまりみなくなった素材ですが、

柔らかものですが紬風の節が立ち、

着付けやすい小紋です。帯は、染めの袋帯。

帯揚は縮緬の鉄紺。とくると、帯締めも

シックに、もしくは道明あたりの唐組を合わせたく

なるところですが、

 

ここは月刊アレコレ的に「赤」です!

それもこっくりした。

 

このコーディネートは皆さん、

「目からウロコ」とおっしゃる方が多かったコーデです。

ここで、「赤」か!?と。

でもこの一筋が、このコーディネートを非凡な印象にしたと思います。

ウレシイことに、これ以降、月刊アレコレの赤を参考にしたという

コーディネートをネット上や実際にもよく拝見しましたヨ。(^^)

 

136_Webcover.jpg

 

 

↑こちらはVol.136

無地の紬ですが、ボーダーで糸の濃淡が表されています。

帯はアンティークのふくれ織り。

クリスマスを意識したコーディネートです。

クリスマスらしいモチーフは何一つありませんが、

赤を重ねることでイメージを寄せました。

 

実はきものは編集人が二十代で初めて自分で誂えたもの。

染め替えをしようと思うつつ、初めての一枚に思い入れがあり、

このままで取ってあり、こうして時々、撮影に活躍してくれています。

ポイントになる帯留は、クリップタイプのイヤリング。

外出時は落下しないよう、シリコンの輪ゴムを通しておきます。

 

 

137_Webcover.jpg

 

 

 

↑こちらは完全にお正月をイメージしたコーディネートです。

きものはいまもうなくなった(さみしい)更甚さんの

鬼シボの縮緬の更紗。ものすごく多くの型を使っています。

帯は西陣のお正月モチーフ。

凧、門松、サイコロ、大入り袋などが織りだされています。

帯揚は更紗のくどさを相殺して活かすために

潔くスッキリした白。そして帯締は赤。

 

帯の柄だけでなく、白と赤を使うことで一層のお正月感を表現。

箪笥に眠るきものも、コーディネートでいか様にも

イメージを作ることができますね。

 

138_Webcover.jpg

 

 

↑こちらは無地紬に、型染めの牡丹更紗の九寸名古屋帯。

無地に更紗の帯というだけで、テッパンです。

それだけに失敗はないものの、平凡になりがちです。

 

意識したのは、「ちょいかわ(かわいい)」です。

そのキーが薄ピンクの三分紐。

これが渋系、無難系の冠組などだったら?

意外と普通になるんです(笑)。

 

帯が主役なので帯揚はきものの色を踏襲した無地縮緬ですが、

くっきりした濃いめを選ぶことで、

きものも帯も引き立っていると思います。

 

 

148_ウェブ表紙.jpg

 

 

 

↑こちらは、「民芸POP」のテーマが人気だった前号のcover

民芸調な紬をどう今っぽく着こなすかという課題に、

月刊アレコレが提案したのが! 「民芸+POP」でした。


元気な色、モチーフを組み合わせることで、

民芸調がかわいくなりました。

こちらの具体的なコーディネートのノウハウは

本誌で御覧くださいね。

 

(以上コーディネート/すべて月刊アレコレ編集人みやざ)

 

 

 

 

月刊アレコレはコンパクトな冊子タイプの本ですが、

表紙も含めて、きもののいまの情報がギュッと詰まっています。

広告は入っていません。

コーディネートと着付けにチカラをいれて

毎月、丁寧に取材撮影して、完全撮り下ろし、

書き下ろしで制作しています。

月刊アレコレは書店で買えません。

年間購読のお申込みはこちらから。

 

2017.12.16 Saturday 16:46comments(0)↑ページの先頭へ

コメント

コメントする








 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

CATEGORIES

RECENT COMMENT

PROFILE

OTHERS