現在地はトップ>編集長ブログです。

編集長ブログ

きもの情報誌『月刊アレコレ』編集長のきものと締め切りの日々。

<< しゃれ黒羽織があれば、きもの4枚分の価値あり! | main | 月刊アレコレ最新号は、「しゃれ黒羽織特集」! >>

きもので「大人の赤」を使いこなしたら、最高!にカッコイイ!

月刊アレコレvol.137、昨日、無事入稿。

本日校正終了。明日、下版です。

 

特集は

「しゃれ黒羽織が来た!——きもの4枚分の価値があるしゃれ黒羽織」

こちらはお伝えしたいことが

盛りだくさんすぎるので(笑)、

発行になってからまたご案内しますね!

 

今日は、最近の月刊アレコレのコーディネートについてです。

月刊アレコレのコーディネートでは

「赤」を意識して使っています。

もう気づかれたかたもいて、

「最近、赤の小物が多いですね」と言われます。

 

「でも、とてもステキです」

「大人の赤の使い方の参考になりました」という

うれしい感想もいただきました。

 

いままで「赤」を使わなかったかたの、

赤の小物使いを目にするようになってきました。

まさにそこ!が、編集部のネライです。

 

次号もチラ見せしますと、

しゃれ黒羽織のコーディネートで

きもの4枚分といえるアレンジをご紹介しています。

こちらもその一部です。

これのコーディネートはきちんと

意図があってのコーディネートです。

(詳細は次号で!)

 

_59Q1009.JPG

 

実は数年前から「大人の赤」の特集をしたいと

ずっと考えていました。

 

その頃、60歳のかたで、

20代に作ってもらったという

赤い無地系のきものを着ていた知人がいました。

それがほんとうに、おしゃれで、

似合っていてステキだったのです。

変な若作り感は皆無。

眼鏡にベリーショートの雰囲気に見事にマッチしていました。

 

そのときの赤がやや黒っぽい赤で、

八掛に黒を合わせていたのもおしゃれでした。

「当時の母親がよく娘の八掛に黒を選んだものね」と

笑っていました。

その人に似合う赤を見つけたら、

きものがもっと楽しくおしゃれになると感じて

それからずっと「大人の赤」を特集にしたいと

思っていたわけです。

 

で、まずはこちらの2点の写真をみていただけますか。

とても好評だった、135号の表紙リニューアルのときの

コーディネートです。

 

同じ写真ですが、実は違いがあります。

気づかれたかたもいると思います。

そう、帯締の「赤」の色味が違います。

(もしかしたらPCのモニタの関係で

色の違いが感じにくい場合もあるかもしれません)

 

こちらは黄みがある、明るい赤です。

この赤はコーディネートの意図と違う!と

叫ぶ編集人(笑)。ここは絶対妥協なし(^_^;)

カメラのライティングの具合で

本来の色が出ていませんでした。

 

135補正前_9A5A0499.JPG

 

 

 

 

で、修正してもらったのがこちら。

本来の色です。やや黒っぽいこっくりした赤です。

これこれこれっ! 

ワタシはこの赤を合わせたのですよ!(≧∇≦)

 

この、大人のコーディネートで入れる赤は、

絶対黒っぽい赤がステキでしょ?

この赤の入れ方を参考にしたというかたが

何人もいたのです。うれしいです♡

 

もちろん、コーディネートによっては

もっと明るい赤、紫みがある赤がいい場合だってあります。

ひと色違うとまったく印象が変わります。

ここにはこだわりたいと思っています。

 

いまやファッションとしてのきもの・普段着は、

年代を色で分けるとことは少なくなってきました。

実際、40代はもちろん、50〜60代も若い方が多い!

洋服ではもうクリアできている色使いだと思います、

でもきものではまだかなと思います。

こういう方たちが大人の赤を使いこなしたら、

カッコいいと思いませんか!?

 

だからこそ、その若々しい雰囲気が

痛い「若作り感」にならないような

おしゃれな「大人の赤」を

特集したいと考えていたのです。

 

しかし……まずは常々コーディネートで

見ていただいたらいいのではないかという意図の、

最近の「赤い小物」シリーズです(笑)。

 

次号でも、しゃれ黒羽織特集でも、

参考になる「赤」シリーズ、あります。

特に秋冬はこっくりした色や、

暖色系が季節に似合います。

 

月刊アレコレの提案するコーディネートは、

誰でも取り入れることができることを

考慮しつつ、オリジナリティがある

大人カワイイSTYLEをお届けしています。

 

きもの大好き、きものを実践する編集人がつくる

月刊アレコレは、コーディネートが楽しいきもの雑誌。

着る人の実感と検証をもとに参考になる記事を

お届けしています。

月刊アレコレは書店では売っていません。

年間講読で毎月お届けします。。編集人が

お申込みはこちらから。

 

また月刊アレコレは「KICCAきものカラーコーディネーター講座」の
運営に携わっています。

色彩総合プロデューサー能口祥子先生が開発した、

従来のカラー講座にはない本格的な知識とスキルを学べるメソッドです。

東京教室はスタジオ アレコレで開催しています。

京都教室はスタジオKICCAを教室として開催。

こちらの講座は4期生募集中です。

詳細なこちらのHPから。KICCAのサイトへ飛びます。

2016.11.28 Monday 22:08comments(0)↑ページの先頭へ

コメント

コメントする








     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

CATEGORIES

RECENT COMMENT

PROFILE

OTHERS