現在地はトップ>編集長ブログです。

編集長ブログ

きもの情報誌『月刊アレコレ』編集長のきものと締め切りの日々。

<< 編集人、秋のきものコーディネート。 | main | きもので「大人の赤」を使いこなしたら、最高!にカッコイイ! >>

しゃれ黒羽織があれば、きもの4枚分の価値あり!

ただいま、次号「月刊アレコレ」、

鋭意制作中。

 

で、次号の特集。

「しゃれ黒羽織が来た!」

 

そう、来たんです。来ているんです。

 

しゃれ黒羽織!

え? それなに? なかたも、いますよね。

 

しゃれ黒羽織は! 

はい、いわゆる黒羽織です。

はい、そこ、がっかりしないでくださいね(笑)。

 

黒羽織は、紋付きの黒羽織

つまり略礼装として着る、あの黒羽織です。

 

 

祝儀・不祝儀で、一張羅さえなくても、

この紋付きの黒羽織を羽織れば、

天狗の箕のように、姿を消せる…じゃなくて(笑)

下に着ているきものが紬だろうが、木綿だろうが、

略礼装になり、その場へ顔を出せるという

超便利な、免罪符。

 

江戸時代は、貧しい農村や長屋では、

誰かが持っているものを借りて、

ほぼ共有状態で間に合わせたと言います。

 

この辺りを掘り始めるとまたまた

とてつもない横穴を掘ってしまうので(笑)

今日は割愛します。(残念ww)

 

で、その黒羽織を略礼装としてだけではなく、

普段に着ましょうという提案です。

 

え!? 

 

と、ここで怯(ひる)むことなかれ(笑)。

 

この、おしゃれで着る黒羽織、

またはおしゃれ用に作った黒羽織を

月刊アレコレでは「しゃれ黒羽織」とネーミングして、

7〜8年前から、提案しているのですよ。

 

いままでにも2回紹介しています。

今回3回目。

ここへきてまた問い合わせが増えたからです(^^)

なので今回は本格的に特集で取り上げました。

 

ところで、なぜ黒羽織か?

  • 黒が現代のオシャレ感にマッチしていること。
  • 黒の分量が既存のきものに新たな魅力を吹き込むこと。
  • もちろん、略礼装でも使えます。(紋付きにした場合)
  • ↓鏑木清方の「築地明石町」の黒羽織がステキすぎるから(笑)。

 

 

明石町.jpg

 

 

でも条件があります。

できれば……というか、マストというか……

長羽織であることがベストです。

 

8年前に提案した時に

「しゃれ黒羽織」として作った黒羽織は、

・寝かせていた無地の反物を染め替えて

(小紋などでもお仕立直しできます)

・バブルの時代の遺産(笑)エルメスの羽織を羽裏に使い

・バラの刺繍で洒落紋を入れました。

それがこれ。

 

エルメス羽織_59Q1211 のコピー.JPG

 

 

385黒羽織裏地.jpg

 

 

これを月刊アレコレで紹介して、

さっそく作った方が結構いるんですよ。

その方たちの「しゃれ黒羽織」も紹介しています。

お一人は可愛い襦袢地を、

もうお一人はやはりエルメスのスカーフを

羽裏に、お手持ちの反物を染め替えて

お作りになっています。

 

とにかく!しゃれ黒羽織があれば、

きもの4枚分の価値があります。

 

その具体的な着用例を

コーディネートとともにご紹介。

これは絶対みてほしい!

 

あの黄八丈が!(民芸調きものを克服!)

あの昭和なオレンジ八掛の小紋が!

若かりし頃のハデきものが!

もちろん、略礼装としても!

 

月刊アレコレ次号、お楽しみに〜!

いつもきものの楽しいこと、新しいことを提案する「月刊アレコレ」。

ぜひぜひお手にとってみてください。

発行は12月5日。

月刊アレコレは書店では売っていません。

お申し込みは こちらからポチッとどうぞ。
年間購読(税込み 送料無料)で毎月お届けします。

2016.11.26 Saturday 15:12comments(0)↑ページの先頭へ

コメント

コメントする








 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

CATEGORIES

RECENT COMMENT

PROFILE

OTHERS