現在地はトップ>編集長ブログです。

編集長ブログ

きもの情報誌『月刊アレコレ』編集長のきものと締め切りの日々。

<< 月刊アレコレ最新号特集は「薄羽織が旬!」 | main | 「婚礼衣装着付け講座」受講生募集開始しました。 >>

17年目にして陽の目を見たレースのコート

今日は取材で「盛装」パーリーへ行ってきました。

正装ではなく盛装ということで、

フォーマルでもカジュアルでもいいのだけれど、

どちらにしてもちょっと大人らしい工夫が必要かな……


ということでの、今日のきもの。



タレものにしようと思いながら、取材で動くことも考えて、

着崩れしにくい紬にしました。



盛装オフ会.jpg









むか〜しむかし、デザイナーズブランドなるものが、

めっちゃ流行った時代がありました。


いまでは、ちょっというのも恥ずかしい

ーヌという某ブランドのソレです(笑)。

紬の熨斗目訪問着に、ひなやさんの袋帯。

変化球で打ち取ろうとする…みたいな盛装です。(意味不明ww)




で、これからが今日の話題です。(前フリ長っww)

今号の月刊アレコレの特集が「薄羽織が旬!」

で、コートも含めた薄物の羽織りものがテーマです。



ということで、誂えてから17年目にして初めて着た

レースのコートの話です。



IMG_5419.JPG




その昔、染めから頼んで作ったコートなのに

仕上りの色がやたら地味になってしまい、

どうしても着る気にならないまま15
年。


(元色の画像がなくてすみませ〜ん)


レース自体は好きなので、なんとか別なものに仕立て直せないかと、

博識でびっくりなアイデアできものを

再生してくれる呉服屋さんに相談しても、

「ま、その色が似合うようになるまで待つんだね」  


えーん( ;) 何かに変えたいのにー。




こうなると意地でもなんとかしたい。

が、結局いちばんオーソドックスな染め替えしかないということに。

はい、一度も着ないまま染め替え〜 (T_T)


気仙沼たかはしきもの工房へ依頼しました。

満点スリップなど和装肌着の専門メーカーで知られるお店ですが、

大元の専門は京染屋さん。つまり悉皆屋さんです。


おしゃれじゃないじみ〜なブルーグレー。

染め替えは抜染(色抜き)をしなければ

元の色より明るい色を染めることはできません。


そこまでコストをかけるのもなあと。

上から色掛けをしてもらいました。


色は女将にお任せしました。

染め替えは抜染がなければ、地域やお店によりますが、

20,000〜30,000円くらいだと思います(ものにもよるので参考程度)


普通は「ドボン(染め)」という、

染液にドボンと浸ける浸け染めです。

このとき、シミやヤケがあるとその部分に色ムラができるので

注意が必要です。




そして上がってきたのはこの赤みにが立った臙脂。

(下の画像は光源の関係でかなり明るくなっています)



IMG_5416.JPG



これなら着られるかもー。

これが一昨年。




もともと羽織のほうが好きでコートを

着ることはあまりなかったのですが、

月刊アレコレの今号の特集が「薄羽織(とコート」。


取材した山村若静紀先生のコートが

素敵だなーと思っていたところに

(このブログの下の記事で美しい画像をアップしています)、

「盛装」がお題のパーリーですって!!??(笑)



苦節17年。やっと陽の目をみたレースのコートなのでした〜。



で、もう一つ。

どうしても、どうしても着られない。

嫌いじゃないのにうまくコーディネートできないとか、

着るタイミングが来ない……

というきものや帯、ありますよね。



普通なら人に譲ったり、ヤフオクに出したりすると思います。

うちも別に豪邸ではありません。

むしろ、普通より狭いという絶対の自信があるほどのうさぎ小屋。


でも私の場合、撮影で使うことがあるので、

ほぼ処分することはありません。私物でも。



なのでモノは増える一方。

であれば、せめてなんとかしてワードローブに加えて、

減価償却したいと思うわけです。


そもそもが片付けられない部類(というか純血種ww)。



で、それまでどうしても着られなかったもの、

イマイチ評価が低かったものが、あるタイミングで

いきなり「王子様〜」になることがあるのです(笑)。



その要素は、自分の年代だったり(カナシイけどw)、

人から似合うと言われた客観的視線だったり、

そのものが実はすごくいいものだよという、

ちょっとヤラシイ囁きだったり(笑)。



といういままでにない評価が外部からもたらされて、

いきなり地味な眼鏡女子が、眼鏡とって髪を解いたら

💗胸きゅんな女子に変身…みたいな、王子みたいな、

ま、少女漫画チックなパターンがあるわけです。ほんと。



このコートもそういうことだったと思います。

収納は、物欲と並行する悩みですよね。

何十年というスパンでモノを保管できるわけではありませんが、

でも、でも。きものは悩むものはとっておいたほうがいいですよ。


私ははっきり言って、近まりさんの断捨離はムリです(笑)。

周辺を身軽にしたくて本を読んだけど、

「魔法」にかからなかったその理由は、

あの本には人のエモーショナルが薄いなあと感じて。

結局はそれがモノが溢れる元凶なのだというのですが。。。。



私はムリ。。。でした。


ま、これはどうでもいい話ですが(笑)、

醜い蛙が、実は王子様だったという物語が、

きものは結構ありますよというオハナシです。


オシマイ    (笑)




「月刊アレコレ」は書店では買えません。こちらからポチッとどうぞ。

創刊11年目で、毎月5日発行! 現在通巻129号。(ガンバってるインディーズW)

A5版32Pのコンパクトなサイズに、着る人目線のきもの情報が詰まっています。

小さいけれど、毎月、丁寧に取材・撮影して、制作。

特集もしっかり組んでおりますよ=ヽ(=´▽`=)ノ

きくちいまさんのイラストエッセイは創刊からの人気連載です。
 

2016.04.10 Sunday 00:55comments(0)↑ページの先頭へ

コメント

コメントする








     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

CATEGORIES

RECENT COMMENT

PROFILE

OTHERS