現在地はトップ>編集長ブログです。

編集長ブログ

きもの情報誌『月刊アレコレ』編集長のきものと締め切りの日々。

<< 『月刊アレコレ』Vol.93 でました! | main | 編集人のきもの >>

「きものをたのしむ塾 色は匂ほへと」西荻きものショップツアー受付中

4月27日の編集人みやざの「きものをたのしむ塾 色は匂ほへと」は西荻窪きものショップツアー。
みんなで西荻窪にあるリサイクルショップや呉服屋さんを回り、ランチを食べて、ショップでの戦利品(笑)や、手持ちのきものを会場となる古民家でコーディネートします。
10:30〜13:00ショップ巡り 13:00〜14:00ランチ 14:00〜15:30古民家一欅庵にて鉄板コーディネート作り 参加費:8000円(ランチ代含)申込み:info@arecole.com 詳細メールを差し上げます。

2013.04.06 Saturday 02:59comments(7)↑ページの先頭へ

コメント

以前、欅庵でのイベントに参加させて頂いた、西荻窪在住の者です。

西荻窪のリサイクル着物店(慶屋・グレープ南口店・グレープ赤鳥居店・とりとり)は、だいたい正午に開店です。
お店巡りが13時までだと、リサイクル店はほとんど廻れないと思います。
余計なことかと思いましたが、老婆心まで。

|粋系女将|2013/04/25 12:14 AM|

以前、欅庵でのイベントに参加させて頂いた、西荻窪在住の者です。

西荻窪のリサイクル着物店(慶屋・グレープ南口店・グレープ赤鳥居店・とりとり)は、だいたい正午に開店です。
お店巡りが13時までだと、リサイクル店はほとんど廻れないと思います。
余計なことかと思いましたが、老婆心まで。

|粋系女将|2013/04/25 12:15 AM|

粋系女将さん
おはようございます。
そうなんです。諸々予定変更しました。
こちらを更新していなかったです、ありがとうございます。
また一欅庵にも遊びにきてくださいねー^^

|みやざ|2013/04/25 10:11 AM|

地元での着物イベントということで、着物仲間に声をかけたのですが、「参加費が高すぎる」と全て断られてしまいました。
古民家の利用料もあるのかもしれませんが、ランチ代込みとしても、8,000円は高いと思います。
西荻窪のリサイクル店を愛用していると、それだけあれば、普段用の着物と帯が一式買えます。
1,000円箱や1,500円箱で、いい物を沢山探せます。
「着物は高価」という敷居の高さを払拭し、もっと気軽に着物を楽しめるような企画をお願いしたいと思います。
せっかく地元での開催なのに、本当に本当に残念です。

|粋系女将|2013/04/26 11:41 PM|

粋系女将さん

コメント、そしてご意見ありがとうございます。

この講座は昨年から開催していて、5000円の参加費でコーディネート講座や着付けなどの講座をさせていただいています。

今回の企画はお店の下見をしたり許可を得たり、またきものの種類の説明や商品としてのアドバイスをし、購入希望であればその方に合うよう見立てていきます(もちろんお店のバックマージンなどのようなものは一切ありません)

そして古民家で購入したものや手持ちのもので、コーディネート講座を中心に諸々きものを楽しむための知識や知恵をお伝えしています。
その主宰者の企画や知識や情報に対して、その価値がないと思われるのであれば、こちらがわの未熟さを客観視してもっとブラッシュアップしなければならないと思います。
その点では申し訳ありません。今後もっと努力します。

ただ価値の基準をどこにおくかでその価値観は変わってきます。
「それだけあれば、普段用の着物と帯が一式買えます。
1,000円箱や1,500円箱で、いい物を沢山探せます。」ということであれば、残念ながらそうですねとしか言えません。
もう少し多様な価値観を精査して次の企画に繋げたいと思いますので、これに懲りずにどうぞよろしくお願いします。

|みやざ|2013/04/27 9:45 AM|

良いお天気で、絶好のツアー日和で良かったですね!
皆さん今頃楽しんでらっしゃるでしょうか?

みやざさんのお返事、拝見しました。
繰り返しますが、「参加費が高すぎる」「もっと安かったら行くのに…」と、今回のイベント参加を断念した人達がいたことは、厳しい現実です。
地元に住んでいても、行ったことのない知らないお店や素敵な店員さんに出会えるかもしれない、いい機会だと私は思いましたが。
「着物に興味あるけど、でも…」と尻ごみしている人達には、参加の段階からハードルが高かったようです。

いつも疑問なのですが、着物関連イベントの会費や参加費って高いことが多いけど、何の為のものなんでしょう。
集めたお金は、どこに行くのでしょう。
講師が来るセミナータイプは、講師の方のギャラとして理解できるんですが。
企画の趣旨や内容に見合った、妥当なものなんでしょうか。
着る人と、作り手・売り手とをつなぐ、月刊アレコレさんだからこそ、厳しく問いかけながら、企画を考えていただきたいと思います。

色々な考え方や価値観があっていいと思いますし、趣旨に賛同できなければ、参加しなければいいだけの話ですが。
きくちいまさんに「あんたのせいで、新品の着物が売れなくなった」と陰口をたたいた呉服店と同じような考え方だけは、着物ラブの一人として悲しいです。
最初から新品の着物が買えるような、財布に余裕のある人たちは、ほんの一握りです。
お母さんやお祖母ちゃんのお下がりや、古着から始めるのが、一番とっかかりやすくてハードルが低いものです。
みんなそこから着物ワールドに入って、新品を誂えるのは、しばらく経ってから恐る恐る、ではないのでしょうか。
それ以前に、参加費の段階からハードル高かったら、着物ワールドに入れないですよね。

闘病中、重い着物雑誌を持てず読めない私の為に、心優しい友人が送ってくれたのが、月刊アレコレさんとのご縁でした。
着物人口の裾野を増やす為にも、もっと気楽に気軽に着物を楽しめるように、もっと間口を広く、ハードルを低くした、着物イベントを企画して下さい。
今回のレポートや次回も楽しみに、応援しています。





|粋系女将|2013/04/27 3:29 PM|

粋系女将さん
こんにちは。参加費に付いてのご意見は真摯に受けとめて今後の参考にしたいと思います。

ご提示のあった
>集めたお金は、どこに行くのでしょう。
講師が来るセミナータイプは、講師の方のギャラとして理解できるんですが。
企画の趣旨や内容に見合った、妥当なものなんでしょうか。

まず「集めたお金はどこへいくのでしょう」とのご質問ですが、すみません、くどいようですが金額の妥当性は別にして、企画した側の経費(場所代やフライヤー印刷代や什器レンタル、人件費等)に充当されるもので、どこの企画でも実体のないところで参加費だけを集めることはないと思います。

また、講師を呼ぶセミナーに関しては目に見える「講師」という存在がいるので理解できるということですが、では講師やゲストを呼ばないイベントは経費がかからないかというと、そうではないことは粋系女将さんもお分かりいただけると思います。

おっしゃっていることは、「見合った参加費かどうか」ということ、そして気軽に参加できる金額ではないということ、それはきものを気軽に楽しむというアレコレの方向とは食い違うのはないか、というご意見だということ、よく理解しております。
今回の企画は店を皆で訪れるという内容から言っても、ご少人数での敢行となること、また時間が通常よりずっと長く、密度の濃い対応になることなどで設定した参加費ですが、もっと熟慮が必要だったかもしれません。

粋系女将さんにはご丁寧に、お時間をかけて細かな感想やご意見をいただき、本当に感謝しています。
仰る通り、趣旨に賛同できなければ、参加しなければいいだけの話ですが、そうではなく大局でのご意見だということはよくよく理解しています。
ありがとうございます。

|みやざ|2013/04/29 8:29 PM|

コメントする








     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

CATEGORIES

RECENT COMMENT

PROFILE

OTHERS