現在地はトップ>編集長ブログです。

編集長ブログ

きもの情報誌『月刊アレコレ』編集長のきものと締め切りの日々。

<< 月刊アレコレVol.63、特集大島紬と更紗 | main | 好きな布でマイ帯板オーダー企画。 >>

最新号63号のきものびと、シーラさん。

しーらさん












もう皆さんのお手元に届いていると思います。『月刊アレコレ』Vol.63
「きものびと十人十彩」は、ご覧の十文字学園女子大学准教授 シーラ クリフさんです。(写真/毬詠 野庵
プラチナブロンドが素敵な生粋の英国人です。

最初、彼女を見たのは白瀧呉服店の文化祭のとき。友人と来ていたシーラさんはきもの姿だったのですが――、

 キラリーーン 見る  編集仕掛け人みやざは、見たっ (市原悦子か)

シーラさんのきもの姿は、よくありがちな「日本をちょとかじった」観のあるそれとは違っていました。
その日一緒だったスタイリストの彩詠さん、ライターの雨宮さんの「はじまったよ〜」顔を尻目に(笑)、突撃隣りの晩ご飯的インタビュー。

そのときはさくっとだけお話を伺い、これは「きものびと十人十彩」の取材」しかないと、アポ取り。いつもは「ちゃうもん」と真っ向否定する、ところ構わないオバサン的資質を存分にさらけ出す編集人なのでございました。^^;

なにしろ、みやざの目に狂いはございませんでした。
やっぱり来日二十数年。来日2年目にして伊勢丹で訪問着を買ったというシーラさん。
そのときは「仕立代、裏地、小物、何も知らないから」最終的に20万円の買い物になり、しかも「紙きれ1枚しか渡されない!」(伝票ですね^^;)とまたまたビックリしたそうです。
20万円20万円と呟いて握り締めて帰ったといいます。カワイイ。

きものが仕立て上がってきたら、そこでシーラさんまたもある壁に遭遇。

事実に基づいて構成したというパターンのTV番組だと
「えーーーっ!?」「そんな!」……と顔を両手で押さえて首を振りながら叫ぶシーンですナ(笑)

何が壁かというと、「きものは【着付け】というものを習わないと着られないものだとは知らなかった」シーラさん。
きものを着たい一心で着付け教室に通い始め、結局2年間通って師範!までとってしまったのです。
ここまでなら、日本人なら普通のケース。彼女がさらに日本人よりもっとスンゴイのが、習っていた紅型染めできものを作ったことです。

チッチッ(ーーb すごいのは紅型染めを習っていることでも、ただきものを作ったことでもないっス。
聞いて、オドロケーーーッ。

3人のお子さんの七五三に、長男(5歳)長女(3歳と7歳)次女(3歳と7歳)、合計5枚のきものをそれぞれに紅型染めで作ってあげたってことです!

お下がりにしなかったんですか? 誰もが抱く疑問。きっちり質問する編集人。w

そのあたりは、シーラさんの論文の話題も含め、ぜひ本誌でご覧くださいませ。

そういえば、七五三ももうすぐですねー。

2010.10.06 Wednesday 13:05comments(6)↑ページの先頭へ

コメント

感動のお話、有り難うございます!

きものたはら|2010/10/07 12:00 PM|

きものたはらさん

どの国にも、誕生日も含め親の気持ちを表す機会や
儀式はあると思いますが、彼女は日本に住んで、
日本の血も受け継ぐ子供たちに、
日本の習慣に従うことで、
親としての愛を伝えたのだと思います。
「七五三は子供にとって大事でしょう?」と言い、
母の衣裳を着た子供たちの記念写真も、
すべてアルバムにして撮ってありました。

|みやざ|2010/10/07 12:45 PM|

すごいい!

http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/nn20091231f1.html

Connie|2010/10/15 4:46 AM|

Connieさん

ですよね〜。
私も驚愕でした。一人目とか、1枚だけなら、
勢いでできそうですけど、3人すべてはえらいです。
子育ても2人目3人目は手を抜き勝ち?ですし(笑)。

|みやざ|2010/10/18 2:51 PM|

復刊したアレコレ、毎号楽しく読んでいます。
話題が違うので恐縮ですが、
「龍馬伝」のおりょうさんやお登勢さんのような
帯揚げ・帯締めなしの角出し、
普段着にラクでかっこいいなぁと思って見ているのです。
この結び方をアレコレで取り上げていただけたらうれしいのですが・・・
ご検討に入れていただければ幸いです。

かざみ|2010/10/20 5:58 PM|

かざみさん

こんにちは。
アレコレをご購読いただきましてありがとうございます。
実は次号から2号続けて帯の特集で、
帯結びも紹介するのですが、名古屋帯で結べる
角出しです。
あの時代の角出しは袋帯くらいの長さが必要なんですね。
当時はまだ帯締などは使っていませんでしたから、
太鼓の中でしっかり交差させて安定させてあります。
でもアレコレ編集部的には帯がマイブームなので、
本格角出しもどこかで、いまの銀座結びとの
違いを紹介したいですね!

|みやざ|2010/10/23 12:00 PM|

コメントする








 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

CATEGORIES

RECENT COMMENT

PROFILE

OTHERS