現在地はトップ>編集長ブログです。

編集長ブログ

きもの情報誌『月刊アレコレ』編集長のきものと締め切りの日々。

<< うふふな、正解は帯板。 | main | 遊び心ひとつで参加 「和事教室、着物で篠笛」 >>

秋のコーディネイトで、ちょっと薀蓄を。

大分涼しくなってきました。

着物にはいい季節です。セオリーでは、帯、小物はまだ夏素材ということになっていますが、
この気候になると絽目はちょっとKY(すでに古い?w)な感じがしてきます。

正式な場での着るもののルールやセオリーは、その人の知識と見識と文化的教養と、何より周囲の人々への敬意を表すものになるので、
考えた末の多少の判断の違いはあってもいいと思いますが、
ハナから、自分らしく=セオリーを無視する はちょっと違ってきます。
若い頃はこれをよく制服でヤらかします(笑)

さて、で、このコーデは9月によく利くコーデですw。
確か去年もアップした気がする(笑)。
半襟は麻で「月見」(ぺたこ半衿)。生成り色で絽目でない分、夏っぽさが薄まります。

着物はアンティークで、実は薄物(と思われるもの)なのですが、色が濃く透け感が少なく、さらには地もやや厚め。夏は暑苦しく感じます。
この時点ですでに夏物の部類には入らない?(笑)
そうわけで、いつからか単衣を押しのけ、9月のおしゃれ番長を張っています(笑)

で、肝は帯。よろけ織りという生地目に特徴がある帯で、夏物ではありませんが、布感が薄く、繊維を感じさせる生地質なのでやや温かみに欠けます。
そこがいまくらいの季節に重宝な帯なのです。

絽や縮緬というように、素材が明らかに分かり、季節を想起させるものは、
やはり季節に合わせるべきですが、
ビミョーな素材で、そこに色の寒暖や柄の印象が加わって
「〜っぽく見える」ものは、実は意外とOKです。

月刊アレコレで「暖簾の向こうにメェ〜が一頭」でコラムを書いていただいている、蒲田のひつじや店主。これまでみやざがお目にかかった店主のなかでもイチオシの知識と見識がある、きものをよくよく知る方ですが、
以前その店主が、じゃあ絽や羅や麻じゃなければ夏はダメかというと、
「実は、必ずしもそうはいえないんだよネ」とおっしゃいます。
「難しいけど、見た感じの印象なんだよね」と。

さっきみやざが言った「繊維質を感じさせる」というのは、
夏は「植物繊維を用いた素材」が多いので、だから繊維質を感じさせると「夏っぽく」なるのだと思います。
と、ちょっと今日はビミョーなハナシに終始しています^^
はい、続き。

帯揚げは縮緬、帯締めは黒ベースの柄入り。真鍮の葡萄のブローチを帯留め代わりに。
縮緬はまだ早いかなとも思うのですが・・・、
本来なら、この季節は絽縮緬(絽目が小さく、普通の絽より生地もやや厚みがあります)がベストです。

楽しみとして着る着物なら、楽しみとしての基準はそれぞれで、ある程度柔軟でもいいと思います。
潔く季節を入れ替えて次の季節を先取るのも楽しみだし、気候をみて好きなアイテムをちょっと長く着たいというのもまたありだと思います。

着物の美しさの根底には、やはり季節感というものが大きく横たわっていると思うし、
柔軟と無法は違いますが、「考えた末の判断の違い」は
それぞれ尊重できるんじゃないかなあ。

2010.09.20 Monday 02:25comments(2)↑ページの先頭へ

コメント

蒲田のひつじのご主人さんは知っています。なかなかおもしろい方ですし、いざというときは頼りになる方ですね。
この話は私にも参考になりました。ありがとうございます!!

|妖怪|2010/09/23 6:40 PM|

妖怪さん

はい、本当にきもの博士です。

このブログも拙い話が参考になって何よりです^^

|みやざ|2010/09/23 11:41 PM|

コメントする








     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

CATEGORIES

RECENT COMMENT

PROFILE

OTHERS