現在地はトップ>編集長ブログです。

編集長ブログ

きもの情報誌『月刊アレコレ』編集長のきものと締め切りの日々。

<< きものびとは、りこさん。 | main | ぺたこさんのワークショップ 帯留作り申込み受付中! >>

3枚コハゼの足袋――何ゆえ?

足袋コハゼ3本日、「たのもう!お誂えお直し入門」の下取材として足袋の大野屋総本店さんへ行ってきました。
創業200年になる老舗の足袋屋さん。6代目のご主人・福島さんにお話を伺ってきました。
あ、でもこちらの記事は翌々月11/25発行号掲載です。
納品までの期間や段取り、料金など詳しくは本誌で紹介しますね。


その前に一言。大野屋さんと言うと、歌舞伎座前の大野屋さんと混同する方がいらっしゃるかもしれませんが、「足袋で老舗の大野屋」というと、役者さんや芸妓さんにご贔屓が多いこちら新富町の大野屋さんです。
銀座大野屋さんは足袋も扱っていますが多分手拭いの方が人気だと思います。

で、画像。話の中でご主人が見せてくださった3枚コハゼの足袋。
もちろん誂えですが、さてこの3枚コハゼの足袋を履く方は誰でしょう?

答えは靖国神社の神官の方。正座をしている時間が長い方はコハゼが少ないほうが楽だということです。
踊りをする方は足がきれいに見える5枚コハゼが多いとのこと。だから茶道をする方や正座が長い方は5枚コハゼにしないそうです。

因みに靖国神社の神官の方のこの足袋、厳密には足袋じゃないかも……。
というのは、つま先がチョキに、つまりVになってないんです。
普通の靴下みたいに丸いんです。草履を履くことがないから、ということでした。サンダル?つっかけ?みたいな履物が多いそうです。
シラナンダ〜〜。

さて、5枚コハゼは足がきれいに見えるといいますが、実はそれは足の大きさとのバランスもあるとご主人はおっしゃっていました。
サイズが大きい人は5枚コハゼの方がタテヨコのバランスで、足がきれいに(小さく)見えるのだそうです。
そんなこんなを伺って、来週、誂えに「たのもう〜〜」でございます。
サービスでコハゼに名入れをしてくれます。ちょっと憧れ〜〜(笑)。
みやざが頼む場合は、やっぱみやざ?か、いやいや、ちょっと芸妓ちっくに、みや吉? みや丸?(爆)

ところでなぜ芸者は男名が多いのか。
 またまた始まり、みやざの蛇足、寄り道講座(笑)。
かつて女郎と言えば「身売り」、人身売買です。実はあれでいて当時は人身売買は刑に処せられるご法度。
だから「奉公」を名目にしたり、色町へ売ることをカモフラージュするために証文に男名を使った名残りだと言われています。

足袋からここまでハナシが寄り道るみやざブログでございます(笑)。

2009.09.08 Tuesday 11:48comments(4)↑ページの先頭へ

コメント

おひさどすぅ〜〜
この前のいまさんの着物も、おぉ〜!だったけど
みやざさんのあの着物もかわゆい色でしたね。
ちょっと珍しい??
私は巻き爪が今「大づめ」…もちっとで
なんとかなりそう…足袋も先のある靴も
痛んで履けんのですー。

ところで、神官さんのはくのはあれね、浅沓
(普段はサンダル突っかけてるのかな)
黒塗りの「オランダ木靴」の先が、
けずれちまったよーなヤツ…。
あれでよく歩けると思う…。
実は中学の修学旅行で関西に行ったとき、
男子の一人が、どこだったかの神社で
あの黒い沓を見て、ポツリと「便器みてぇ」と
言ったのを聞いてから、どーしても、
あれを見ると、思い出しちゃいけないと思うのに
思い出すんです。バチあたりな…。
これね

http://www.kippo.or.jp/culture/indus/crafts/kutu.htm

とんぼ|2009/09/10 2:07 AM|

とんぼさん

なるほど〜、さすが、
「押すと出てくるとんぼの回答」ですねー。
どこをどう押すかは知らねど(笑)。

「フランダースの犬」のネロ少年が
履いていたような靴ですね。
アレが便器なら、便器に足を突っ込んだような・・・、
いえ、何もゆってません!(爆)

みやざえもん|2009/09/10 5:22 PM|




あたしも転職前の仕事で、地鎮祭に数多く列席してますが、
地鎮祭の時の神官も、オランダ木靴(←違う!)を履いてましたね。
そう、歩くというよりも、すり足で、ずってましたっけ。
ずっていても、歩くと、かかとから靴が落ちそうになるので、
きっと靴の中の指は、強く丸めて踏ん張ってるんだろうと思ってました。

時に、この足袋の記事で、何故、あの話が出ないのか不思議に思いました。
何かって?
ほら!「おともだち」で、外出する時に慌てたせいもあるのでしょうが、
片方の足には、間違ってご主人の足袋を履いて外出してしまい、
大きさがだいぶ違うのに、知らずに都内を歩いていたという女性の話です。

話を聞いた時には、そんな人、いるわけないじゃんと思いましたが、
その方とお会いしたら、さもありなんと思ったことでした。(爆)

あの方、今も「シリーズもの」で、面白いエピソードを更新中なんでしょうね?
また、お逢いして「ありえない本当の話!」を、お聞きしたいですぅ!(笑)

萬屋千兵衛|2009/09/12 9:02 AM|

千兵衛さん

お久でございます。

えーと、大きさが違う足袋?
片足だけ? さもありなん??
んーーーっと……、その件に関しましては

黙秘権をつかわせていただきます(爆)。

フランダースの少年と神官って、
オランダ木靴(←だから違うって)でつながっていたのね。

みやざえもん|2009/09/13 1:49 PM|

コメントする








   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

CATEGORIES

RECENT COMMENT

PROFILE

OTHERS