現在地はトップ>編集長ブログです。

編集長ブログ

きもの情報誌『月刊アレコレ』編集長のきものと締め切りの日々。

1ページ/全113ページ >>

月刊アレコレ最新号、発行しました。絣をモダンに着こなす方法お教えします。

月刊アレコレVol.177発行になりました。

 

 

特集は「絣系をモダンに着こなす3つの法則」

  ちょっと苦手な絣系民芸紬

  垢抜けコーディネートでヘビロテラインに仲間入り

 

すでに最新号予告ブログで投稿していますが、

手仕事のぬくもりが感じられる織物。

織物の良さではありますが、

イメージとしてモダンという観点からは

ちょっと離れていて、民芸チックになることが多い。

 

民芸テイストが悪いわけではありませんが、

それ以外のたとえば、垢抜けた、モダンな

着こなしをした場合は、どうするか?

 

箪笥に眠っているなかにも絣系はあるけれど

民芸テイストが苦手、難しいということで、

トライしていない人も多いようです。

 

そんな方のための特集です。

以前、お送りした「民芸ポップで行こう!」の

第二弾とも言えます。

 

まずはこの法則を取り入れてみてくださいという、

垢抜け法則をお教えします。

 

3つの法則のヒントをこちらでの予告投稿

ご案内しています。参考になさってください。

 

詳細は本誌で。

 

月刊アレコレは書店では売っていません。

ご購読はこちらから

2020.04.06 Monday 16:33|-|↑ページの先頭へ

いまジェネラリストが求められる時代だから「きもののクリエイティブな仕事講座」

いま、きものの講座って、たくさんあります。

きもの自体、ニッチな分野ですが、

その中のさらにニッチな分野があります。

 

月刊アレコレが主催している

通称「大竹塾」の撮影着付け講座もそのなかの1つでしょう。

 

それらをしても、まだニッチといえる分野が、

今回の「きもののクリエィティブな仕事講座」です。

 

9A5A8945.JPG

 

本講座を立ち上げようと思ったきっかけは、

私のような仕事をやってみたいという方が少なからずいたからです。

このことに関しては別な機会に投稿したいと思います。

とっても長くなるので、そこから入っていくと

遭難しそうなので(笑)。

 

  • まず、「きもののクリエィティブな仕事」、

これって、どういうジャンルを指しているの?

というのが、質問の第一になるかと思います。

 

一言でいうのはむずかしいですが、

ジェネラリストなタイプの仕事です。

 

ジェネラリストとは――というと、

ウィキペディアでは、こう定義しています。
広範囲にわたる知を持つ人のこと。企においてはを指すことが多い。また、各プロデュジェネラリストとみなされる事が多い(一つの企画にして、芸性など多方向からの点を持ち合わせ、任を有して可否を定する必要があるため)。

 

ジェネラリストの対義語がスペシャリストです。

1職種の、あるいはその中の1分野の専門性を深めている人です。

1職種でもジェネラリストとスペシャリストがいます。

国家資格がある仕事、例えば、

スペシャリストの典型のように見える看護師も

実は分野があり、両方、存在します。

 

この点が大事なところです。

「ジェネラリスト」はこんな時代だからこそ

求められるのだと思います。

 

・まったく新しい肩書を付け替えるのではなく、

いまの職種を軸に、ジェネラリストを目指すための講座ともいえます。

もちろん、肩書を変えたいと思ったら変えるのは自由です。

まったく、言語も左右もわからない世界に

飛び込むというわけではないということはお伝えしておきたいのです。

 

まったく異業種としてスタートするのではない

ということは念頭においてくださいね。

 

 

着付け師も、技術を極めればスペシャリストです。

しかし、さらにその分野のなかで特化して専門性が高い技術、

例えば、婚礼衣装、時代衣装、撮影着付けなどは、

分野としてのスペシャリストになります。

 

ちょっと前置きが長くなりましたが、

この「ジェネラリスト」という言葉も念頭におくと、

本講座の内容がつかみやすいかと思います。

 

そして、「仕事としては、どういうジャンルになるのか」

という話が戻しますと、

 

編集、ライター、ウェブ担当(小売店勤務)、スタイリスト、

着付け師、プランナー等、

クリエイティブな制作系で、きものに特化している分野で

必然的に撮影にも視野に入ってきます。

 

 

9A5A9367.JPG

 

 

9A5A8681.JPG

 

え? 着付け師って、元々がきもの分野ですよね?

ということになりますが、

先にも例えた通り、着付けにもいろいろな分野があります。

 

結婚式場や成人式、七五三などで活躍する

着付け師さん自体は、直接クリエイティブな仕事を

担っているわけではないと思います。

 

この場合は着付けを軸にしつつ、スタイリングや

撮影にかかわるクリエイティブな業務などに

広がる可能性があるということです。

 

また、これは特にいいたいのですが、

洋服のスタイリストさんや企画をしている人で、

きものに広げたいと思っている方にも

とても有益で、参考になる情報が盛り込まれていると思います。

 

 

  • だからといって、各分野のスキルそのものを

専門的に教えるわけではありません。

 

着付け、スタイリング、文章の書き方、

WEBで必要なPC操作のスキルなどを、

一から学ぶ講座ではありません。

 

しかし、それなりには触れます。

また、ジャンルによってはスキルの解説や指南もします。

“それなり”というのは、それなりの

浅くはない知識と、ある程度のスキルが必要だからです。

 

では、どんな知識が必要になるのか?

ここが大事。これをお教えする講座です。

 

 

  • お伝えすることの主な内容は下記です。

 

1ジェネラリストとしての、クリエイティブなきものの仕事の内容を具体的に解説する。

2 1の業務において求められる知識とスキルをお伝えする。

3参加なさった方の現状から希望する方向へ向かうために必要な知識とスキルのアドバイス。

4活動につなげるための自分をアピールする戦略方法

 

 

 

 

多分、受講を検討なさるかたの多くは迷いがある方だと思います。

というのも、私が相談を受けたかたも、

「きものの仕事」をしたいと、着付けを勉強したり、

イベントを企画したり、コーディネートに取り組んだり、

様々なことをやっています。

 

しかし、なんか、これじゃない。

これでもあるけど、これだけじゃない。

そんな思いを抱えている方が多い。

 

それは、その方たちが考える職種が目の前の

職種メニューに書かれているようなものではないからだと思います。

 

近いと思われるものを注文して、口に入れてみるも、

まずいわけではないけど、ちょっとイメージした味とは違う……。

 

「きもののクリエイティブな仕事」というメニューが

実はあるのですが、裏メニューみたいなもので、

表には書かれていない、知っている人だけが知っている、

例えて言えば、そんなニッチな職種だと思います。

 

IMG_2343.JPG

 

では、どうしたらそのメニューを頼めるのか。

今回の趣旨でいうと、作れるのか、仕事にできるのか、ということを

お伝えして、希望する方向性を定め、どこに枝葉を伸ばせるか、

その方向を一緒に考える講座でもあります。

 

お申込みはこちらから

29日(金)・30日(土)・月刊アレコレ読者価格(日にちを選べます)→3種類からお選びください。

2020.04.04 Saturday 16:40|-|↑ページの先頭へ

月刊アレコレのスイーツ男子が「いいね!光源氏くん」の和歌影武者に!

月刊アレコレはコンパクトな本ながら、

小さなコラムが充実しています。

そのなかの「大人の三時九時」という、

三時→スイーツ 九時→酒の肴 を紹介する連載があります。

「三時」のスイーツを担当している執筆者が、菅原秀太さん。

 

 

もう、スイーツ愛が、これでもかと伝わる、

とろけるような味わいを伝えてくれます。

食べないではいられない(≧▽≦)

 

素敵なスイーツのコラムとともに、

毎回、自作の和歌も一緒にあげてくださいます。

スイーツ男子で、和歌・華道・茶道を嗜む和男子で、装束男子。

 

その菅原秀太さんが! ここで活躍。  

ーー本日、4月4日 NHK総合 23:30〜

コミックが原作の「いいね!光源氏くん」(えすとえむ作)が始まります。

光源氏!?…ではないのですが、…ある意味、影武者?(笑)

 

 

雅な平安美男子、かの光源氏が現代にやってきた。

その光の君はスイーツ男子だった。

現代のスイーツにウルウルの大感動。

そして感動すると、君は和歌を歌うのです。

番組中で光源氏が歌う和歌をつくる1人が、菅原秀太さん。

 

監修の方はいらして、菅原さん始め、

和歌の作りてのかたはノンクレジットとのことですが、

菅原さんの歌がいちばん多く選ばれているようです。

 

予告編で流れている、抹茶パフェの和歌も菅原さん。

こちらの番組サイトの PR動画後編でその歌が

笑っちゃうのですが、とってもキュートな光源氏です。

 

彼が担当することになった経緯が、またたのしい。

昨年の大晦日、彼の知人から一本の連絡が。

番組関係者が歌を作ってくれる人を探していると。

で、平安男子で、スイーツ男子で、和歌を詠むときたら、

ドンピシャの心当たりがあるということで

菅原さんに連絡と相成ったようです。

ほんと、この3つがドンピシャな30代男子って、

日本中探してもそうそういないでしょうね(笑)。

 

 

光源氏は、千葉雄大クン! あ、主題歌は岡崎体育(←好きですww)

ぜひ観てくださいね〜〜!

画像は「きもの男子」(Vol.147)に束帯で

登場してくださったときの菅原さん。

 

2020.04.04 Saturday 11:57|-|↑ページの先頭へ

絣柄を「垢抜けさせる!」3つの法則。

さて、昨日、5日に発行の

月刊アレコレVol.177 特集に触れました。

 

 「特集 絣系をモダンに着こなす3つの法則」

 

 ちょっと苦手な絣系民芸紬

 垢抜けコーディネートでヘビロテラインに仲間入り

 

上記が今号の特集です。

 

織物ゆえ、柄は絣でだす紬。

この手仕事の絣が、ぬくもりがありすぎて、

民芸、素朴、風土的な印象強めになりやすい。

 

………これを、どうにかして垢抜けさせたい。

というのが、昨日のブログで書いた、

今号のテーマです。

 

昨日のブログでも紹介した下記の写真。

紺の絣に切り嵌め風の柄の、紬の九寸名古屋。

半衿は薄いイエロー。↓

 

9A5A9330のコヒ?ー.JPG

 

とても自然で、これはこれで

十分カワイイのですが、

もう少し垢抜け感がほしい。

編集人がこのスタイルをすると、

素朴過ぎて(笑)、イケてない昭和の人になります^^;

 

では、次はいかがでしょうか?

9A5A9316のコヒ?ー.JPG

 

普通の人が着ても

洗練イメージをもたらすコーディネート。

 

それが今回、ご紹介する「3つの法則」です。

 

そんなの、あり?

 

はい、あり、です。

 

もちろん、好みはありますが、

「民芸風」な着こなしから脱却したいと思う人は、

とにかく、この3つの法則をお試しください。

 

この法則のなかで、自分の好みを

探ればいいのです。

たとえば、こちらも一例。

同じきものでの、さらにアレンジ。

 

 

 

何が法則?

 

3つの法則中の1つだけ。ご紹介ですると、

 

半衿は、白。

 

このシンプルな法則が

絣の「垢抜け感」をお助けします。

 

なぜに、白? 

 

今どきの言葉で言うなら、「エモくない」から。

 

つまり情緒的に過ぎると、

あるいはロマンティック過ぎると

スッキリした都会的な洗練スタイルと

路線が違ってくるということです。

 

9A5A9344のコヒ?ー.JPG

 

この「エモくない」が、ある意味

法則のヒントになります。

 

詳しくは月刊アレコレ本誌で!

 

この3つの法則をお試ししてみてください。

ワードローブが1枚増えたような

気分になること請け合い!です。

 

 

月刊アレコレは書店では売っていません。

ご購読は送料無料の年間購読がお得です。

お申込みはこちらから

2020.04.03 Friday 06:49|-|↑ページの先頭へ

月刊アレコレ最新号「絣系をモダンに着こなす3つの法則」に注目!

月刊アレコレVol.177 発行になります。

 

 

 

今号は

 

「特集 絣系をモダンに着こなす3つの法則」

 

 ちょっと苦手な絣系民芸紬

 垢抜けコーディネートで

 ヘビロテラインに仲間入り

 

人の手仕事の温かさ、丁寧さが肌に伝わる紬。

織物ゆえか、私は染物より「糸」を感じます。

 

紬、大好きです。

 

大好きなのですが、織物ゆえ、

柄は絣でだすことになります。

この手仕事の絣が、ぬくもりがありすぎて、

洗練からほど遠い土臭い民芸イメージが

出ることがあります。

 

9A5A9420のコヒ?ー.JPG

 

そうなると、ちょっと着こなしがむずかしい。

 

さんざん、好きと言っておいての、ソレはないでしょ?と

思わないでください^^;

 

好きだからこそ、着たい。

着るからには、“精魂込めて”着たいのです。

 

以前、「民芸ポップで行こう!」と

いう特集をしたことがあります。

 

今回はその第二段といえる紬の着こなし特集。

ただ、ポップと言うより、大人の垢抜け感、

洗練された着こなしを目指した特集です。

 

 

今月の月刊アレコレは、絣系紬を

垢抜けて、スキッとした着こなしに寄せる

3つの法則をご紹介しています。

 

この、簡単な法則を使えば、

垢抜けた紬の着こなしがかんたんにできます。

 

9A5A9330のコヒ?ー.JPG

 

例えばこちら↑

これはこれで、普通にカワイイ。

一般的な着こなしです。

 

でも、これを「垢抜け」したコーディネート

洗練されたいまどきスタイルにするためには……。

 

明日のブログをご覧ください

 

 

え!? 新しいきものが増えた?(大げさw)

というくらいの、

イメージチェンジができます。

 

でも、大げさでもないんですよね。

 

ぜひぜひ、お試しください!

 

 

月刊アレコレは書店では売っていません。

ご購読は送料無料の年間購読がお得です。

こちらから。

 

 

 

 

 

2020.04.02 Thursday 02:38|-|↑ページの先頭へ

冷え性さんの足袋は5枚コハゼがオススメです

足袋のハナシ

 

足袋。

何かこだわりがありますか?

 

足袋のこだわりは「白さ」という人

「シワのないフィット感」という人、

こだわりとは違うけれど

「頻繁に変えられるように安価なものにしている」

……いろいろです。

 

ここ2年ほど、5枚コハゼがいいなあと思っています。

ということで、足袋、5枚コハゼの話です。

 

 

 

IMG_0899.jpg

 

足袋は、もちろん、いろいろな種類を履きます。

普段履きには4枚コハゼの

安価な足袋を使うことも多いです。

 

ちょっとピシッとしたいときは、

新富町大野屋総本店(注:歌舞伎座向かいの大野屋さんとは別です)で

自分の「型」を作っているので、そのオーダー足袋。

 

大野屋さんは毎月、歌舞伎座や新橋演舞場の役者さんの

舞台用足袋の受注がある、都内唯一の

製造量を誇るメーカーさんです。

芸事をする人の注文が多いので、

舞台上で足がきれいに見えるように、

やや細めキツめな作りだと思います。

キツいと言っても、シワがでないピシッと

心地よいキツめということです。

 

オーダーではありませんが、

向島めうがやさんの足袋も

ピシッとしていてとても履きやすい。

好きな足袋です。

武蔵屋さん、福助足袋、ゑびす足袋さんなどの

足袋も履きます。もちろん、海外縫製の安価なものも。

 

ところで、コハゼにこだわる人っていますか?

 

ご存知の通り、4枚コハゼと5枚コハゼがあります。

圧倒的に多いのは4枚コハゼ。

 

5枚コハゼは足首がきれいに見えるということで、

舞台で踊る舞踊家や俳優さんが好みます。

1枚多い分、足首を覆う部分が高くなります。

 

私は、冬は5枚コハゼを履きたくなります。

 

IMG_0901.jpg

 

なぜか?

 

4枚コハゼより温かいから。

(足首のキレイさはすでにどうでもよいww)

 

え?? コハゼ1枚で?

しかも、足袋で温かさが違う?

 

 

……と思われかもしれませんが、

これは、ほんとうです。

5コハゼのほうが足元に寒さを感じにくい。

冷え性の人なら、絶対わかるはず。

 

先に、

>1枚多い分、足首を覆う部分が高くなります。

と、いいました。

 

 

そうなのです。

このコハゼ1枚分が、大きな違いになるのです。


↑の写真では色みも違うので

ちょっとわかりにくいかもしれませんが……

左が4枚、右が5枚です。

 

なぜ、こんなに違うのだろう?


考えてみました。



答えは「ツボ」、だと思うのです。(多分)

女性に大事な三陰交というツボが、足首にあります。

 

鍼灸の先生や、ヨガ、気功の先生もよく言います。

くるぶしから指4本分の位置。

押すと、痛っと感じる場所です。

ここが女性に大事な、特に婦人科に関係するツボだそうです。

 

5枚コハゼだとギリギリ、この三陰交が隠れるのです。

冷え性の人にも効くツボです。

 

きものは、首元、手首、足首と

3つの首を塞ぐのが防寒対策のセオリー。

 

スパッツを履くのもいいのですが、

結局、足首が出ていると寒さを感じません?

足首を覆うかどうかで、大きな差があります。

 

流石にきものでプードルみたいな

レッグウォーマーは……ないから。

 

 

5枚コハゼは価格的に高いのですが、

冬は、特に冷え性の人はオススメです。

 

月刊アレコレのご購読は

送料無料の年間購読がお得です。

お申込みはこちらから。

2020.02.14 Friday 13:21|-|↑ページの先頭へ

「笹島寿美 骨格着付けー令和の覚書」新連載スタート!

最新号月刊アレコレVol.175好評、発売中です。

 

今号から、笹島寿美先生の新連載が始まりました。

 

いままでも、笹島寿美先生の唯一の連載を

掲載していた小誌ですが、

今回から新たなテーマで、新連載がスタート。

 

お待たせしました、皆様。

 

その名も「笹島寿美 骨格着付け―令和の覚書」

 

笹島先生

 

笹島先生のライフワーク、そしてその集大成が、

「骨格着付け」。本としても出版なさっています。

 

先生としては出版でまとめた時点で、

着付け師としての仕事の区切りが

ついたとおっしゃっていました。

 

しかし、いま、先生は「骨格着付け」を

あらためて語る時期として

月刊アレコレの新連載のテーマとして据えました。

 

他装を通して骨格着付けについて

執筆してくださることになりました。

 

他装――人に着付ける着付け、その技術です。

一般のきものファンを対象としている月刊アレコレで、

なぜ他装なのか? 疑問に思われると思います。

 

骨格着付けは、着付けそのものに、

普遍的に適応する理論ですが、

本などでは、特に、着付け師としての技術に置き換えて

説明されてきたことが多いのです。

 

着付けがある程度できる段階で説明することで、

骨格着付け理論が端的にわかりやすくなります。

 

自装は、それぞれの技術の違いがあるので、

理論の間に、着付けそのものの手順が必要になってきます。

 

今回は、まず骨格着付けの理論を明確に

浮き彫りにするために、

他装を通した展開で教えていただくことになりました。

 

笹島先生曰く

「他装を知って自装を知る。自装を知って他装を知る」

と、いうことなのです。

 

 

そうなのです。着付け自体は別物ではないのです。

 

なので、自装のみの人でも、大いに役立つ理論であり、

もちろん!着付けを仕事にしている人には

ぜひ、見逃すことなくご購読いただきたい、

毎月、「一番新しい着付けの本」です。

 

 

さて、笹島先生、御年82歳。

編集人としては笹島先生愛が強すぎて、

ついつい語ることが多くなるのですがー―

お約束どおり(笑)、今回も“ちょっとだけ”(←ほんとか?)

語らせてください。

 

何しろ、MacのCMに起用してほしいと思うほど、

Mac使い、PC使いに長けていて、PC大好きな先生なのです。

 

これまでの著書で使われている人体の図は、

すべて、先生がポーザーという

アプリで描いたものなのです!

 

正直、先生の担当さんの編集さん、

楽だと思います(笑)。

だって、著者さんが自分で骨格はじめ、

必要な図をデータで作ってくださるのですよ。

 

講演や講座などで使うパワーポイントの資料も

すべてご自分で用意なさいます。

 

今回の新連載が始まるのを契機に

Office proを入れたそうです。

 

お弟子さんに言わせると、

「先生、入れたくてしょうがなかったから、

いいきっかけになったのだと思います」(笑)。

 

また、最近の日課は「PCと将棋を打つこと」だそうです。

しかも勝率が8割だとか!

 

もちろん、それなりのレベルで違うとは思いますが、

「AIは定石を学習しているから、

私みたいな定石を持たず撹乱しながら打つ手は

学習できていないのよね、

だから私に(AIが)負けるの」と

コロコロ楽しそうに笑う先生。

なんともチャーミングで素敵です。

 

ということで、新しいものに対して拒否反応を

持つことが一切ない82歳。

AIだけじゃなく、私たちのほうも負けています(笑)。

 

笹島寿美先生の新連載、お楽しみに!

月刊アレコレは書店では購入できません。

ご購読はこちらの送料無料でお得な年間購読で。

きくちいまさんのイラストエッセイ「きものの引きだし」も

好評連載中です。

 

2020.02.11 Tuesday 21:42|-|↑ページの先頭へ

大竹恵理子プロのための着付け強化コース(大竹塾)とは?

きものを仕事にしたい人を応援する、

月刊アレコレの自学自習塾。

 

その自学自習塾の一貫が、

「大竹恵理子のプロのための着付け強化コース」

通称、「大竹塾」は昨年、5期が修了。

 

今年、6年目、6期を例年通り6月に開講予定です。

その前の単発の「大竹恵理子プロのための着付けブラッシュアップ講座」受付中です。

 

3月8日(日)11:00〜17:00

3月14日(土)11:00〜17:00

 

両日、同じ内容です。ご都合でお選びください。

 

本コースを修了したいままでの修了生の仕事・活躍がこちらです。

 

 

さて!

では、「プロのための着付け強化コース」とは

どんなコース、どんな勉強をするのか。

 

 

「着付けにはジャンルの違いがある」——

月刊アレコレが発信するまでは、

あまり認識されていなかったと思います。

 

もちろん、女性・男性、小紋、訪問着・振袖・留袖など、

アイテムの違いではありません。

 

月刊アレコレの発信と、大竹塾の講座開講以降、

「プロコース」「撮影着付けコース」などの

コースが一般の着付け教室や学院の

メニューに入ってきているようです。

 

しかし、大竹塾は現場が全然違います。

現場ではスキル以外、

スキル以上の大事な要素が求められます。

 

それもある意味、スキルと言えば現場のスキルですが、

着付けの上手い下手や、技術というだけではありません。

現場でなければ得られない要素なのです。

 

 

下記は大竹さんをお願いした私が持つ撮影現場での様子です。

朝5時半集合の撮影でした。

 

↓路上で。

 

9A5A8730.JPG

 

↓ 屋上で。

 

9A5A9025.JPG

 

大竹さんはもっと大きなCFや映画の現場で、

最前線に立っています。

 

着付けのジャンルは

一般の人に仕立て上がったきものを着せる場合、

 

・雑誌やCFなど、撮影で求められる着付け

(写真や影像としての完成度を求められる)、

 

・舞台で役者の役柄に合わせて着付ける着付け、

 

・そして、きものの着方を教える着付け講師。

 

「着付け」という仕事でも、

現場で求められる知識や技術は、

実はまったく違うものなのです。

もちろん、そもそもの準備も、使う道具も、です。

 

例えば、撮影の現場では、本仕立ての

きちんと縫いあがったきものを着せることは

あまり多くないのです。

 

撮影用の特殊な仕立てのきものです。

 

それを見たことがない着付け師・着付け講師さんの

ほうが多いと思います。



 

私が長年撮影の現場で着付け師さんをみていて

この違いを実感していました。

 

いろいろと伝えて直してもらうのですが、

直し方も、スピードも、仕上がりも、違うのです。

それは、映像としてのイメージを共有できていないから、

だと感じたのが、本講座を開講しようと思った

きっかけであり、理由です。

 

 

着付けのジャンルの違いという認識を持っていないこと、

そして自分の着付けのスキルアップを

している人が少ないこともありました。

 

 

が、しかし!

考えて見ると、そもそも、

ある意味企業秘密になる技術を

公開することはないですよね〜。

 

 

撮影の現場での着付けは違う、

しかしそれを学ぶ場がない。

 

そこから始まったのが、

このプロのための着付け講座です。

 

IMG_1798.JPG

 

 

IMG_7030.JPG

 

 

撮影の現場の第一線で活躍している

若手のフロントランナー・大竹恵理子さんの

協力を得て開講できました。

大竹恵理子さんは、雑誌、CF、ブランドカタログ、舞台、TV

映画、(映画では最近では昨年末公開された「人間失格」を担当)

そして特定の女優さんやアーティストの着付けと

スタリングなど、幅広いメディアで活躍しています。

 

その大竹恵理子さんが教えてくれる、

まさに、旬の現場が詰まった技術と知識がいっぱいです。

 

 

初回から、毎年、京都、大阪・兵庫の関西方面、

または、山口、岡山、静岡、宮城からも受講生がいます。

 

 

下の写真。こちらは、大竹塾3期生の木本さん。

大竹塾修了生のなかでいま一番活躍し始めている塾生です。

 

話題になったシャディのきもので

カーリングのCFも木本さんです!

 

9A5A9097.JPG

 

 

冒頭でリンクを張った、他の修了生の仕事も様々。

 

本講座のために、6ヶ月、

毎月1回、東京に通ってきます。



 

毎年6月の開講する大竹塾ですが、

その前、2〜3月に、単発の

「大竹恵理子プロのための着付けブラッシュアップ講座」を

開催します。

 

IMG_6985.JPG

 

本コースは、基本、こちらの単発講座に

参加いただいた方を優先して受付けます。

 

今年の「大竹恵理子プロのための着付けブラッシュアップ講座」は

 

3月8日(日)11:00〜17:00

3月14日(土)11:00〜17:00

 

両日、同じ内容です。ご都合でお選びください。

お申込み、詳細はこちらから

 

 

2020.02.06 Thursday 22:12|-|↑ページの先頭へ

月刊アレコレ最新号「おしゃれに見える帯揚指南」

月刊アレコレVol.175 本日発行になりました。

今回の特集は

「おしゃれに見える帯揚指南」

 

 

帯揚特集というと、

帯揚そのものの紹介、

帯揚のきれいな結び方、が多いと思います。

 

が、今回月刊アレコレらしい、

ちょっと斜めな(笑)視点は、

それらも視野に入れつつの、

 

選び方とフォルム! 

 

フォルム、ですっ! フォルム!

 

大事なことなので3回いいました(笑)。

 

 

帯揚のフォルム? 

 

いままでは「結び方」の分類として、

普通に結ぶ方法、結ばないで押し組む方法、

入組などがあるとして、

結果、こんなかたちになりました、という紹介が

多かったと思います。

 

かたち? イコール、やっぱりフォルム、

同じよね…ではあるのですが、違うのです。

 

そもそもの視点が違います。

 

いままで → 結び方ありき、結果、このかたち。

月刊アレコレ → フォルム(かたち)ありき。結果印象の違いを演出。

 

わかりやすくいうと、

普通に結ぶ結び方でも、

意識をしてフォルムを作るということです。

単にきれいとか、グシャグシャになるとかではなく、です。

 

例をお見せしましょう!

まずは先にお見せしたドット帯揚の画像↑。

そして、トルソーのこちら。

 

 

 

 

 

 

同じ“結ぶ”のでも、フォルムで印象が違います。

これって、実は結構大きい違いなのです。

 

 

さらには、こちら。

 

シャープに見せたい、やさしくふんわり見せたい、

個性的に見せたい等々を、

帯揚の、色柄だけでなく、フォルムでも表現できるのです。

 

そういう中でも、特にカワイイと思うフォルムがあります。

いままでにはちょっとない、フォルム…というかなんというか…

詳しくは月刊アレコレ本誌をご覧ください!

今年のトレンドになりそうです(笑)。

 

 

また、今回は「選び方」として、定番の無地のほかに、

柄物の中から、特に、

 

縞々 & ドット をオススメしています。

これがね、ほんと、使いやすいったら、ないのです(笑)。

これだけでおしゃれに見える!

 

 

 

 

 

 

もちろん、無地も!

ということで、これ、絶対かわいい!

いまだからキュート!

 

という帯揚使いの情報、キャッチしておいてください。

 

 

 

月刊アレコレは書店では購入できません。

ご購読はこちらから

 

コンパクトなサイズに収まった

読み切りやすい旬な情報が(広告は入っていません)

毎月、お手元に届きます。

出かける時に覗いたポストから取り出し、

そのまま携帯して、電車や出先で読むという方も

多い月刊アレコレは、きものを着る人が作る情報誌です。

 

 

 

 

 

 

 

2020.02.05 Wednesday 14:36|-|↑ページの先頭へ

最新号特集 ほっそり見える「錯覚着付け」のコツとポイント、教えます。

月刊アレコレVol.174発行になりました。

 

……の前に、皆様

新年

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いします。

 

 

こんな小さなきものの本、月刊アレコレが

なんと、創刊16年目に突入しました。

 

本屋さんで売っているわけでもないし、

すごい巻頭グラビアがあって、

全国を取材に回れるような

予算があるわけでもないし。

 

顔となるアイドル的なおねーさんモデルが

いるわけではないし……。

 

ただきものが大好きな、

元“ヤングなガール”(笑)=現オバサンが、

たまたま制作系の仕事をしていた縁で、

きものの本や、広告をつくるようになって今に至っています。

 

月刊アレコレのスローガンは創刊当時から、

「きものを着る人がつくる雑誌」です。

 

 “きものを着る人”は、制作する編集人であり、

そして読者の、きものを着る人、着たい人、なのです。

気持ちがきものそばにいる人たちの気持ちを

誌面に反映して編集しています。

 

ということで、新年の前振りはこの辺にして(笑)、

今号の紹介です。

 

 

お待ちかね、

 

着姿ほっそり 印象が変わるポイント

「丈や幅」を意識することで着付けが上手に、ほっそりみえます

 

気にならない人はいませんよね。

―「ほっそり見える」―

 

ほっそり見えるコツや着方はいくつかあります。

具体的には、

 

補整

着付けのスキル

色や柄の選び方

 

等々です。

どれもそれなりの知識や技がいるものです。

しかし! 

今回は難しい理論や技術云々の話ではありません。

 

「錯覚」の話です。

 


なに?なに?な〜〜に〜〜??

とか言ってはいけません(笑)。

 

たとえば、メイクで目が大きく見せるとか、

小顔に見せるとか、

口角を上げて見せるとか等々。

 

これらはメイクにより人の目を

“錯覚”させる技です。

 

着付けでも、同様。

錯覚を呼び起こすポイントを掴んで、

まずはそこをおさえましょう。

 

というのが今回の特集の主旨。

ダイエットしましょう、なんて、いいません(笑)。

 

たとえば、下の写真。

同じ人が同じ着物を着ています。

違いは?と聞かれれば、

だれでも、衿が詰まっているとね……

と、いうと思います。

 

今回月刊アレコレが取り上げたことは、

こういう一見、平凡な部分もあるのですが、

これが! 単に詰まっていると初心者っぽいとか、

窮屈そう、野暮ったい、というところで

まとまるハナシではないのでございます。

 

それはそれで、事実ですが、

衿が詰まると、“ほっそり見え”にならない

致命的な、ある印象が強調されてしまうのです。

これは、じゃあ衿を抜くとほっそり見えるのか…

というと、そうでもないのです。

 

では、逆に衿が詰まっていると、

なぜむっくりした感じになるのか?

 

 

 

 

 

実は、もっと違う細見えポイントが

2つ、あります。それはなにか。

本誌でご確認ください。

 

コロンブスの卵のような、ポイント。

でも意識があるかないかで、

まったく見た目が違ってきます。

 

実際、写真を見ていても、

明らかな差があるでしょ?

でも、補整もきものも帯位置も変えていません。

 

読者モデルのMさんは、

「自分なりに、今日はちょっと

“(うまく)着られたかな”」と思って外出。

 

しかし着物歴の長いお友達と合流して、ウィンドウで見ると

「ん?やっぱりなんか、違う」

と思っていたそうです。

 

お友達はシュッとしているの、

自分はもさっとしている…と

なぜだろう??と感じていたそうです。

 

もちろん着付けのスキルの差はあるにしても、

着付けの上手い下手だけじゃない、

なにかが違う……と思常々感じていたとのこと。

 

でも今回は、ちゃんと、シュッとしています。

 

 

今回は、着付けそのものの手順やコツというより、

“ほっそり見える”ポイントをお伝えしています。

 

“見える”という点が、大事。

実際にダイエットしなくても、

そこまでの着付け技がなくても、

“見える”いくつかのコツを伝授。

 

 

 

実際、着付け自体も大事なポイントではあるのですが、

意識として“ほっそり”“すっきり”

見える効果を認識することで、

多分、着姿の完成度をグッと底上げするはず。

 

いつもの手順を今一度、見直して、

ほっそりした着姿を目指しましょう。

 

大事なのは技術以前に、

目でその差を実感することです。

目から入る情報は、聴覚や触覚、味覚等の

五感のなかで86%を占めると言われています。

 

手で覚える前、理論で理解する前に、

まず目で見る。

 

目で見たビジュアルを意識するだけで、

着付けは変わってきます。

つまり細見えを意識した

動きや手付きになるということ。

 

ということで、2020年も

きものをたのしみましょーーー!

 

 

月刊アレコレは書店では売っていません。

ご購読はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020.01.06 Monday 01:32|-|↑ページの先頭へ

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

CATEGORIES

RECENT COMMENT

PROFILE

OTHERS